スキーウェア(スノボー)のクリーニング料金相場や日数は?保管方法も

スノボーやスキーは十分に楽しめましたか?

私も今シーズンは何度かスノボーを楽しみに行ってきました。

間隔取り戻すまで時間がかかりますし、凍っているところに当頭部を打ち付けましたが、怪我もせず滑りも上達しました。

しかし、ウェアーは雪が少し溶けかけていたこともありビショビショになってしまいました。ズボンなんて4枚も着ていたのに全て濡れてしまって……。

ということで来年のためにクリーニング出そうと思います。

クリーニングに出すとなると、気になるのはその料金。

安いものではないですが、一体どれくらいするものなのか。今年始めてクリーニングに出す前に確認しておきましょう。

ウェアーのクリーニング業者の選び方

クリーニング業者の選び方をご案内いたします。

ウェアーのクリーニングには普通のクリーニングと違い撥水加工が付く、付かないなどの違いや、ウェアー用のクリーニング方法もあります。

ウェアーをクリーニングしてくれる店を簡単に見分ける方法はこちら

  • ウェア専用のクリーニングをしてくれるところに持っていく
  • 安価すぎるところは止めておく

クリーニング料金で選ぶのでしたら、安いところは避けておくほうが無難です。

安いところはその程度の方法でクリーニングするからです。

  • 数万円で買ったお気に入りのウェアが、たった千円・2千円渋っただけでダメにしてしまった
  • 着ていると去年より水がしみやすくなってしまった

そんな体験談もよく聞きます。

私はクリーニングに出すことが怖過ぎで、家に置きっぱなしにしていたタイプの人間です。私のウェアは今では黄ばんでしまい、ヨレヨレで前のようにカッコよく着こなせなくなってしまいました。

しかし、ウェアもしっかりクリーニングしてくれる業者を見つけたので、クリーニングを試してみようと思います。

 

ウェアーのクリーニング料金の相場は?

近年スキーウェアは、色々な種類が出てきています。

2018年にスノボーに行ったときにはつなぎ女子が多くて、すごくかわいくて目立っていました。

スノーボードウェア ロキシー ボードウェア スキーウェア ROXY レディース ビブパンツ ERJTP03042 オーバーオール スノーウェア スノボウェア スノボーウェア ウエア 下 女性用 おしゃれ 人気 かわいい

しかも、これを着ていると何故かスノボーやスキーがうまそうに見えるという付加価値付き!

こういうスタイルになると、クリーニング料金が上下します。

まずは普通のウェアーの値段ということでまとめていきますね。

  • ウェアー上:1,000〜2,000円
  • ウェアー下:1,000〜1,500円
  • ウェアー上下セット:1,500〜3,500円

店によって1,000円前後左右されますが、いくら安くてもウェアーを普通のクリーニングと一緒にしてしまう業者はやめておきましょう。

また、上下別よりも一緒にクリーニングしたほうが安くすみますね。

 

つなぎタイプの料金をご紹介いたします。

  • つなぎタイプ:1,000〜3,500円

つなぎタイプは料金が普通のと違って1つで済みますね。

 

クリーニングの期間は?

クリーニング業者にも色々ありますが、大きく言えば店舗を構えているのか、宅配系なのか。

宅配系のクリーニング業者は店に行かなくても家から送れる、家で受け取れるのが便利でいいです。しかし、発送に時間がかかるので、やはり早いといったら店舗を構えたクリーニング業者ですね。

  • 普通のクリーニング業者:3〜4日
  • 宅配クリーニング業者:5〜7日

 

自分のタイミングに合わせてクリーニング業者を選んでいいと思います。

 

ウェアーの上手な保管方法!

スキーウェアやスノボウェアを圧縮保管しておきたい!というあなたに知っていてほしいことがあります。

確かに圧縮すればスッキリ保管することができると思いますが、スキーウェアの圧縮は避けましょう

ウェアを圧縮して保管すると、中の綿や羽毛がつぶれ、開封後も元に戻り切らず保温性が低くなってしまいますし、さらに型崩れ、シワの原因にもなります。

スキーウェアは、圧縮せずにハンガーにつるして通気性の良い場所で保管しましょう。不織布のカバーをかけておけば、ホコリ対策もできますね。

 

もし、オフシーズンにハンガーに掛けておく場所がない場合は、しっかり注意しておけば圧縮袋に入れておくこともできます。

以上のことを注意していただければ、圧縮袋に入れておくこともできます。

  1. ウェアを日陰干しして十分乾燥させる
  2. 空気を抜きすぎないように注意しながら圧縮する
  3. 半年たったらもう一度出して1,2を繰り返す
  4. 保管後は陰干ししてから使用する

圧縮袋は空気を少し残す感じで抜くのがコツです。

ぜひお試しください。

 

まとめ

私も冬の間お世話になったウェアーに感謝の気持ちを込めて、しっかりクリーニングしてきました。

また来年、撥水加工が効いて良い状態のウェアーでスノボーを楽しみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です