スーツのクリーニングの頻度はどれくらい?家でのケアや保管方法も

社会人の皆様、いつもお仕事お疲れ様です。

スーツで毎日外を駆け回っている方、いつもは普段着で出社だけれど、会議のときにはスーツを着ないといけない方。

一言でスーツと言っても着る頻度も違えば使い込み方も違いますよね。

いつも使っている方は気を使って何度もクリーニングに出す方が多いと思いますが、私はそんなに着る頻度が多い方ではないので、どれくらいでクリーニングに出すべきなのかよく迷います。

見た目にはそんなに汚れていないけれど、はやり仕事着なのでそれなりにキレイにしておく必要がありますよね。

今回は、気になるスーツのクリーニングに出すべきベストな頻度や、家でのケア方法をご紹介いたします。

スーツのクリーニング頻度は?

毎日は使わないけれど、大切な時に必要になるスーツ。

あまりクリーニングに出さずに放置しておくと、その時見えなかった汚れが時間とともにはっきり見えるようになり、明日必要という時に、汚れが目立つスーツを着ていかなければならなくなります。

それだけは避けたいですよね。

できれはこれくらいはクリーニング業者に出して欲しい、これくらいの頻度で出していたら大丈夫という「ベストな頻度」をご紹介いたします。

夏はこまめに月に2回!

クリーニングに出すかどうかについては 、大きな汚れがない限りは「どれくらい汗かいたか」 が大きな判断軸になります。

つまり、汗の量がどれくらいかということが、クリーニングに出す頻度に左右されます。

そのため汗をよくかく夏の方が、冬に比べてクリーニングに出す回数が増えるというわけです。

ただ、先程も書きましたが、スーツも着る頻度がそれぞれ違います。

  • 毎日外を歩き回る営業の方
  • クーラーの効いた部屋の中で仕事をする方
  • たまにスーツを着るくらいの方

こう並べてみると、汗のかく量が大きく異なるのは明らかですね。

汗っかきの人や、汗のニオイが気になるという人は、夏は最低でも「2週間に1回」くらいはしっかりクリーニングに出しましょう。

 

冬はそのシーズンに1回

夏に比べて外に出ていても汗をかくことが殆ど無い冬は「1シーズンに1回」くらいの頻度で出してもいいです。

汗をよくかいたり、暖房がすごく強いところで仕事するので、汗を書いてしまうという方は、もう少し頻度を冷やしてもいいと思いますが、そうでない方はシーズンにつき1回で十分です。

 

ただし、注意していただきたいのが、これまでご案内してきました「クリーニングの頻度」は家でのケアをしっかりしている方の話です。

なかなか家でケアができない、やったことないという方は、クリーニング頻度を増やしましょう。

※ケア方法がよくわからないというあなた、下期の方に記載しておきますので是非御覧ください。

 

雨や雪でスーツが濡れてしまったり、飲食物をスーツにこぼしてしまったときなどは、カビが生えてしまう可能性もあるので、早めにクリーニングに出しましょう

臭いが気になるときも、クリーニングに持っていくようにしましょうね。

 

スーツの正しい保管方法は?

シミなどが残っていると、虫食いやカビの原因になってしまいます。なので大きく汚れたらクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングからスーツが返ってきたら、仕上がりを自分の目で確認し、梱包ビニールは早めに剥がしましょう。

ビニールは通気性がないので、湿気が溜まりやすいのです。

また、ジャケットに合わない大きさや形のハンガーに長時間保管していると、型崩れを起こしてしまう可能性もあります。

クリーニングから持とっどてきた時のハンガーから、家にあるスーツに合ったハンガーに掛け替えましょう。

着ていない期間があるときには定期的にクローゼットを換気して、空気を循環してあげることも大切です。

 

注意すること

  • 汚れたままにしない
  • 形にあったハンガーを
  • ビニールはかけたままにしない

スーツ家での簡単ケア

お気に入りのスーツを長持ちさせるためには、家でのケアも大切です。

まずは、家に帰ってきてスーツを脱いだら、放置せずになるべく早めにハンガーにかけて形を整えるようにしましょう。

スーツのシワは着用するとある程度伸びますが、脱いだままの状態のシワは直りにくくなってしまいます。スーツは必ずハンガーにかけてください。

スーツを着た後のケアを簡単にまとめましょう。

  • ブラッシングをする
  • ホコリや食べ物のカスをきちんと取る
  • 風通しの良いところで湿気溜め込まないようにする
  • 日陰で干すようにする

スーツは日光に当てて干したり、湿気の高いところで保管したりしないことが大切なんです。最悪な場合スーツが変色してしまったり、カビが発生したり、ズボンのラインがとれたりする恐れも!

使う頻度は高いのに、敏感なスーツ、毎日のお手入れでなるべくクリーニングに出す頻度を減らして、長くきれいに着るようにしましょう。

 

まとめ

スーツは社会人の顔。

営業に行ってもスーツが汚れているだけで印象を悪くすることだってあります。

ケア方法を知っておけば怖いことなんてありません、保管方法を家でのケア方法を覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です