ファーコートに口紅やファンデーションがついた時の落とし方や応急処置

皆さんはファーコートをお持ちですか?

ファーコートは冬におしゃれでゴージャスなイメージを持っています。

更に寒い日には暖かくてとても重宝します。しかしファーは汚してしまったときが大変です。

ファーコートは汚れに敏感で、自分で洗うのも大変なのだけが億劫に。

そんな手入れが大変なコートに誤って口紅をつけてしまったら、ベタベタしてしまって中々取れなくなります。

今回はそんなファーコートを持っているみなさんの汚れの悩みを解決していきます。

汚れの種類:口紅とファンデーション編

汚れの種類は、大きく分けて3種類ございます。

  • 油性
  • 水性
  • 水性&油性

それ以外にも、実は落とせない汚れとして、インク・泥はねなどもありますが、今回の口紅やグロスはこの中でいうと油性の汚れになります。ファンデーションと一緒ですね。

女性の方には落ちにくい口紅とかもありますので、そういうものを使うと、衣服に付くことも少ないないのではないでしょうか?

リップスティック 口紅 | ディア マイブルーミング リップトーク シフォン | エチュードハウス ETUDE HOUSE エチュード 韓国 コスメ リップ オイルティント 落ちにくい 赤 ベージュ ピンク かわいい 保湿

油性の汚れといったら他に何を思い浮かべますか?油性の汚れをイメージするのは結構簡単ですね。食べ物の油だったり、襟などに付きやすい皮脂だったり。

では、今回は口紅やファンデーションということで、油性の汚れの落とし方をご紹介してまいります。

しかし、この対応は生地によってダメージを受けることになるので、先に洗濯できるものなのかを確認をしていきます。

その見分け方を先にご紹介いたしますので、一度ご自身のファーコートを御覧くださいませ。

 

家での洗濯できるファーコートの見分け方

まずは洗濯タグを見てみましょう。そこに家で洗濯可能のマークがついていれば、これからご案内する応急処置もすることができます。

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できますが、クリーニングに出さないといけないものを洗濯や処置しようとすると自己責任になりますので、注意しておきましょう。

 

応急処置やNGの処置は?

応急処置と言いますが、道具がないうちは触らないほうが良いです。

なぜなら、油汚れなので水で濡らすだけでも、後にキレイに落ちなくなってしまうからです。どっぷり付いてしまっているのなら、上からティッシュでそっと押さえるくらいにしておきましょう。

もちろん、こすりつけたり、おしぼりで拭くのも避けてください。

私はついてしまったらなにもせずにクリーニングに出すことが一番と思っていますが、現実どうしても今落としておかないといけない!という状況もあります。

ここから書きます落とし方は、自己責任になりますので、それでも大丈夫という方のみお試しください。

 

口紅やファンデーションの落とし方

油性のシミといったら、口紅の他に食事の脂やファンデーションなどですね。また、長年ついたシミでテカテカした皮脂も。

そして、色落ちしないかどうかをその服の目立たないところでお試しください。

では、その汚れに関して落とし方を見ていきましょう。まず、使うものを紹介いたします。

 

シャンプー・コンディショナーを使った落とし方

  • ガーゼ(無い時はハンカチなどで対応してください)
  • シャンプー
  • コンディショナー

要領としては人間の髪を洗うのと同じです。

①シャンプーで洗う

  • タオルを湿らします、温度は20〜35℃くらいの人肌くらいが良いですね。
  • そこにシャンプーを少量染み込ませます。
  • シャンプーは家で使っているものとか、匂いが好きなものでいいですよ。最近人気の髪にいいシャンプーなどの、油分があまり多すぎないものが良いと思います。
  • そのタオルで汚れ部分を包み込むように揉み込み、汚れを落とします。

気がつけば、自分の髪より良いものをファーに使っていたり。

やっぱり、ファーに使うならノンシリコンを使っときたいですね。

※あまり長く揉みすぎないのもポイント!

 

②コンディショナーorリンスでケア

  • お湯で洗ったタオルを使ってシャンプーを優しく落とします。
  • コンディショナーorリンスもタオルに染み込ませます。
  • ケアするように揉み込んだらOK

シャンプーの時と同じようにお湯に付けたタオルで優しく包み、キレイにコンディショナーを落とします。

最後に乾いたタオルで湿気を取ってください。

 

クレンジングオイルを使った落とし方

クレンジングオイルを使ったシミ抜きは、衣類が乾いている状態で行います。オイルですので濡れていると水がオイルを弾きシミ抜きがうまくいきません。

  • クレンジングオイル
  • 乾いたタオル

 

クレンジングオイルをもう一つのタオルに染み込ませます。

②そのタオルで、シミが付いた部分を落としていきます。毛が抜けないように気をつけてください。

※こすりつけたりしないように気をつけてください。

③シミがファーから浮き上がったら、ぬるま湯に浸したタオルで、再度軽く揉みます。

⑤最後は乾いたタオルできれいに拭き取りましょう

まとめ

この方法で口紅はほとんど取ることができると思います。しかし、もし見た目が目立つようでしたら、クリーニング業者に持っていくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です