シフォンの衣服に口紅(グロス)が付いた時の落とし方は?応急処置の方法も

女性の方にあるあるの話になりますが、着ていたシフォンに口紅やグロスが付いてしまうなんてことありませんか?

 

自分の物だったらまだしょうがないかなとなりますが、他人のものが付くと、気持ち的にも嫌ですし、色もですが、ちょっとベタッとして、早く落としたい衝動に駆られますよね。

 

薄くキレイなシフォンの生地は繊細で、汚れにも敏感です。なので、とっさの時にどうして良いのかわからず、オシボリで拭いて生地を傷つけてしまうこともあります。

 

そんな困った時のために、口紅やグロスの落とし方をまとめていきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

汚れの種類:口紅とグロス編

 

汚れの種類は、大きく分けて3種類ございます。

  • 油性
  • 水性
  • 水性&油性

 

それ以外にも、実は落とせない汚れとして、インク・泥はねなどもありますが、今回の口紅やグロスはこの中でいうと油性の汚れになります。ファンデーションと一緒ですね。

 

今は落ちにくい口紅とかもありますので、そういうものを使うと、衣服に付くことも少ないないのではないでしょうか?

リップスティック 口紅 | ディア マイブルーミング リップトーク シフォン | エチュードハウス ETUDE HOUSE エチュード 韓国 コスメ リップ オイルティント 落ちにくい 赤 ベージュ ピンク かわいい 保湿

油性の汚れといったら他に何を思い浮かべますか?油性の汚れは結構簡単ですね。食べ物の油だったり、襟などに付きやすい皮脂だったり。

 

では、水性の汚れは一体何でしょうか?これは食事の時にこぼしてしまったお茶や紅茶ですね。

 

それでは最後に、油性&水性の汚れって何でしょうか?これはチョコレートやマヨネーズで、油性&水性の汚れが一番落としにくいので、大変です。

 

では、今回は口紅ということで、油性の汚れの落とし方をご紹介してまいります。しかし、この対応ができるのは、洗濯が自宅で可能なシフォンのみです。

 

その見分け方を先にご紹介いたしますので、一度ご自身のシフォンを御覧くださいませ。

 

家での洗濯できるシフォンの見分け方

 

まずは洗濯タグを見てみましょう。そこに家で選択可能のマークがついていれば、洗濯OKです。

 

桶マークがついているものは基本水洗い大丈夫です。

 

  • 装飾がついているものは自宅での洗濯をなるべく避けましょう
  • 洗う際はネットに入れておしゃれ着洗剤をつかいましょう

 

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できますが、クリーニングに出さないといけないものを洗濯や処置しようとすると自己責任になりますので、注意しておきましょう。

 

応急処置やNGの処置は?

 

応急処置と言いますが、道具がないうちは触らないほうが良いです。

 

なぜなら、油汚れなので水で濡らすだけでも、後にキレイに落ちなくなってしまうからです。どっぷり付いてしまっているのなら、上からティッシュでそっと押さえるくらいにしておきましょう。

 

もちろん、こすりつけたり、おしぼりで拭くのも避けてください。

 

また、シフォンは水につけた時点で色が変わってしまう可能性があります。なので、私はついてしまったらなにもせずにクリーニングに出すことが一番と思っていますが、現実どうしても今落としておかないといけない!という状況もあります。

 

ここから書きます落とし方は、自己責任になりますので、それでも大丈夫という方のみお試しください。

 

口紅の落とし方

油性のシミといったら、口紅の他に食事の脂やファンデーションなどですね。また、長年ついたシミでテカテカした皮脂も。

 

そして、色落ちしないかどうかをその服の目立たないところでお試しください。

 

では、その汚れに関して落とし方を見ていきましょう。まず、使うものを紹介いたします。

 

アルコールを使った落とし方

  • 布(ハギレ)
  • ガーゼ(綿)
  • アルコール

①アルコールかベンジンをガーゼに含ませ、たたいて汚れを溶かしましょう。アルコールはベンジンでも可です。

 

②シミの上からアルコールを含んだガーゼをトントンと優しく叩いて、汚れを溶かした後、洗濯をします。濡らしたところが薄いシミになって広がったり、色が変わる可能性がありますので、注意してください。

 

また、アルコールを持っていない、使うのが嫌な方は、こちらの落とし方もお試しください。

 

クレンジングオイルを使った落とし方

クレンジングオイルを使ったシミ抜きは、衣類が乾いている状態で行います。オイルですので濡れていると水がオイルを弾きシミ抜きがうまくいきません。

  • クレンジングオイル
  • 乾いたタオル
  • 綿棒

 

①シミ部分の裏側にはタオルをあてて、クレンジングオイルを綿棒に付けます。

 

②綿棒で、シミの外側から内側に向かってクレンジングオイルを塗っていきます。この時に決して擦らないように気をつけてください。

 

③またシミ全体が隠れるように広めに塗ると、色素が広がるのを防げます。生地を軽くポンポンと叩くようにしながら、オイルを生地に馴染ませましょう

 

④シミが浮き上がったら、ぬるま湯36℃くらいのお湯をシミ部分に少しかけて、軽く揉みます。オイルが白く乳化したら、お湯でシミの箇所を濯ぎます。

 

⑤食器用洗剤をシミの箇所に少量垂らし、もう一度綿棒で叩くように汚れを落としていきます。ぬるま湯もしくは水で濯いだら、雑巾絞りをしないようにしましょう。

 

その処理で口紅はだいたい落ちると思います。家に帰ったら、タグを見て家で洗濯か、クリーニングに出すことをしましょう。

まとめ

この方法で口紅はほとんど取ることができると思います。しかし、もし見た目が目立つようでしたら、クリーニング業者に持っていくことをおすすめいたします。

 

シフォンの服は何枚か重ねられていることがほとんどですので、自分での処理、またそれが着たまま応急処置するとしたら骨が折れます……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です