着物や振袖にボールペンが付いた時の落とし方は?応急処置も紹介

ふとした拍子に持っていたボールペンが服についてしまった、また、人の服につけてしまった、なんてことありませんか?

 

それが着物や振袖だったら最悪ですね。インクは中々取れない汚れとしても有名なので……。買ったものに付くのもショックですが、レンタルのものでも流石にインクが付くと、クリーニング代を請求されちゃうことも。

 

対処法を簡単にまとめていきますので、自分の知りたい項目を目次から選んで飛んでいただくと効率がいいですよ。

ボールペンの汚れの種類は?

 

ボールペンには大きく分けて三種類のインクがあります。

「油性」

「水性」

「ゲル」

の3種類のインクです。

 

どのインクのボールペンかにより、処理方法が異なってきます。

 

意外と油性は比較的簡単に取り除くことができるのです。しかし水性のボールペンは、家庭で取り除くには難しいです。今の主流のボールペンは油性インクなので、殆どのボールペンのシミは比較的取りやすいと思っています。

しかし、私の周りでは最近ゲルインクという、油性ボールペンと水性ボールペンをミックスしたタイプのボールペンを使う方も増えてきています。

 

このインクが着物についてしまうと取るのは難しいでしょう。自分で触ってインクの粒子を、生地の繊維の奥に追いやってしまう前に、クリーニング業者に持っていったほうが良いです。では一番多い油性ボールペンの落とし方をご紹介していきましょう。

 

しかし、その前に……。

 

家での洗濯できる着物の見分け方

 

まずは洗濯タグを見てみましょう。そこに家で選択可能のマークがついていれば、洗濯OKです。

 

桶マークがついているものは基本水洗い大丈夫です。

 

  • 裏地がないもので、透けない素材で作られた単衣
  • 木綿やウールの天然素材、ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物

 

も自宅で洗濯できるものもありますが、基本自己責任になりますので、注意しておきましょう。

 

ボールペン(油性)が付いた時の緊急対応

 

これから書きます方法は、家で手洗いをしても良いという着物や振袖のみの話です。クリーニング業者に出さないといけない着物は、家で洗濯してしまうと悪化させますので、何も触らずにクリーニング業者に持っていきましょう。

 

さて、ボールペンが付いた時の応急処置の方法ですが、正直できることは何もありません。と言うか、触らないほうが良いです!

 

たとえば、墨汁のシミだったら乾く前の処置なんかを紹介しているんですが、ボールペンのインクの場合は粒子が細かい上に、すぐに乾いてしまうので、道具が揃ってから処置をするようにしましょう。

 

ボールペンのクリーニング方法

 

では、簡単にボールペンのインクの落とし方をご紹介いたします。

 

必要なもの

 

  • エタノール
  • タオルorキッチンペーパー等
  • 食器用洗剤

 

ほとんど家にあるものではないでしょうか、エタノールは家で言うと、オキシドールなんかに含まれています。

 

  1. シミの部分にエタノールを湿らせたタオルやペーパーなどを直接敷きます。
  2.  擦らない自信があるならとんとん叩いてもOK。
  3.  落ちない場合はシミ部分に食器用洗剤を少量つけ、軽く手もみその後水ですすぎます。
  4.  最後に全体を洗濯機で洗濯します。(衣替えの時にクリーニングに出す方は、洗濯しなくてもOKです。しっかりすすいでおいてください)

 

 

洗い終わった時に、まだ落ちていなかった場合、あと自宅でできることは何もありません。かろうじてできるとすれば、そのまま何も触らずにクリーニング屋に持っていくことでしょうか。

 

のこったシミは繊維の奥まで入り込んでしまっれいるので、全体的な水洗いしたところで、その粒子まで届かないのです。

 

してはいけないこと!

気をつけたいのはしてはいけないことです。とにかく擦るのNGです!

 

擦ると、これまでせっかく粒子が奥に入らないようにケアしていたのに、一気に奥に入っていっちゃいますし、着物もズタズタに……。

 

まとめ

 

とにかく汚れてしまっても慌てないことが大切です。どうにかしてキレイにしちゃえば、クリーニングも衣替えの時の一回で済みますものね。しかし、私何もせずにクリーニングに出したほうが良いとは思います。

 

どうしても生地が傷んじゃうので……。

 

洗う場合はその着物や振袖が、家で洗濯して良いものかどうかは確認しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です