ダウンジャケットに嘔吐物(ゲロ)が付いた時の落とし方は?応急処置も

大きな飲み会で飲まされた時、気を許した友人との羽目をはずした飲み会、そんな時にリバースした経験ってありませんか?

 

自分のリバースしたものだったら、許せるかもしれない。しかし、これが全然仲良くない人から吐かれたものだったら……。考えただけでゾッとします。

 

誰かの嘔吐物が大切にしていたダウンジャケットについたあなた!その時の応急処置や対応の仕方をまとめていきますので、参考にしてください。

 

また、洗濯できるダウンジャケットかどうかは、必ずチェックしてから洗うように心がけてください。

家で洗濯できるダウンジャケットは?

 

まず、ご自身のダウンジャケットのタグを御覧ください。そのタグにはなんて書いてありますか?丁寧なところは、ちゃんと文章で、家での洗濯禁止と書いてくれているところもあります。

 

また、モンクレールやNORTH FACEなどの高級ダウンジャケットの殆どは、繊細なものが多いので、家で洗濯してしまうと、更に悪化させることも。レザーの場合は、言うまでもなく、水につけるのNGなので、そのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

まずはタグにこのように、桶のマークが付いていないかをチェックしてみましょう。

いかがですか?

 

このマークが出ていたら、クリーニングでなくても手洗いでOKです。そうでなく、ドライマークがついているダウンジャケットの場合は、触りたい気持ちもわかりますが、何もせずにそのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

そのほうが、キレイに汚れも落ち、結果ダウンジャケットが駄目にならないので、費用は抑えられます。

 

洗濯NGのダウンジャケットの対処法

洗濯できないダウンジャケットをお持ちの方は、基本クリーニング業者に持っていくことになります。

 

しかし、嘔吐物がびしゃびしゃついている状態で、ダウンジャケットを持ち運ぶのは、色々と問題がありますし、匂いも凄いことになるでしょう。

 

まず、ティッシュやキッチンペーパーでコートについている嘔吐物を出来る限り落とします。その後、他に汚れた部分がつかないようにキッチンペーパーのようなもので抑え、袋に入れて縛っておきます。

 

嘔吐の中には様々なものに加え、菌も入っていますので、次の日にはクリーニング業者に持っていきましょう。

 

クリーニング業者が開いていないというときでも、自分で水洗いや処理をしてしまうと、後に汚れが取れなくなってしまいますので、できるだけ触らないようにしましょう。

 

そして、菌が大量に発生しているので、袋もあまり開けないようにしておきましょう。

 

洗えるダウンジャケットの洗濯方法

では、タグを見て、洗濯できるものでしたら、これから紹介します洗濯方法をお試しください。

 

付いてすぐに気がついた場合

嘔吐物が付いてすぐなら、とにかくものを落として、水で洗いましょう。洗うのは軽くで結構です。ゴシゴシすると、シミが取れなくなるばかりか、生地に傷がついてしまいます。

 

匂いは水洗いでは取れないことがほとんどです。もし、どうしても気になる方は、お店から少し洗剤をもらい、軽く揉むようにして洗ってみてください。

 

付いて1日たった場合

よく考えてみたら、自分のにしろ、人のがちょっと付いちゃったにしろ、その時に処理できないことのほうが多いですよね。

 

酔っ払いすぎていたり、介抱しているうちに、いつの間にか付いていたり。

 

そんなときも慌てず対処しましょう。

 

  • 嘔吐物をシャワー(水)や流水で出来るだけ落とします。
  • その部分を洗濯用洗剤で揉み洗いして、よく濯いでください。
  • 臭いを落とす※下記によく匂いの取れるやり方記載
  • 洗濯機で回す
  • 脱水はせずに、ハンガーにかけて自然に水切り

 

※匂いの落とし方

嘔吐物の匂い消しは是非重曹をお試しください。洗濯をする前に重曹水を作って少し漬け置きしておきます。柔軟剤を使うよりもキレイに臭いが落ちます。

 

※注意

洗濯OKと書いてあっても、水につけておくと色が滲み出てくるものもあります。その時は洗濯をやめて、クリーニング業者に出すようにしましょう。

 

これで、匂いも取れるはずです。では、洗濯機を使ってダウンジャケットを全体的に、きれいにする方法を見ていきましょう。

 

自宅で洗濯を失敗しない方法!

まずはタブを見てみましょうとのことでしたので、自分のも見てみました。私のダウンジャケットはドライでした。他に水洗いという表記もありますので、表記別に見ていきたいと思います。

 

手洗い表記

モンクレールやデュベティカなどの高級ブランドのダウンジャケットになると、だいたい「ドライ」と表記されていると思います。ユニクロで買ったダウンジャケットも昔持っていましたが、それには「水洗い」と書いてありました。その表記があるものだけ、家で洗うことも可能だそうです。その手順も簡単に教えていただいたので記載していきたいと思います。

 

注記1:必ずネットに入れて洗う
ロングダウンだと中々入らないかもしれませんが、表面が傷つくのを防ぐためにもネットに入れることは重要です。軽くたたんでから、ネットに入れて洗濯してみましょう。

 

ダウンジャケットは最初水を弾きますので、中で浮いたまま回ってしまうということもございます。洗濯機で回す前に、ネットの周りからバスタオルでくるんでみてください。タオルが水を吸うのでダウンジャケットも水が貯まると同時にどんどん沈んでいきます。

 

注記2:洗濯機の設定をする
ダウンジャケットを洗うときには手洗いコースやソフトコースで洗いましょう。理由は中に入っている生地を傷めないようにするためです。

 

普通に洗うよりも優しく洗えるのがこの「手洗い」や「ソフト」コースです。また、よく問題になっている、中のダウンが偏りの問題解決のために、脱水時に途中2,3回くらい一時停止して、ちょっと取り出して状態を確認してみてください。

 

注記3:空気を入れながら干す
洗濯後は中身のダウンが偏っていることがありますよね。洗濯機から出したら干す前に軽くダウンジャケットを布団のように、布団たたきを使って空気を入れてみてください。また乾燥するときには自然乾燥がおすすめです。

 

乾燥機を使うとまた偏る可能性が多いので気をつけてください。また、自然乾燥する際には表面が乾いたあとも、2日は干し続けていただきます。

 

まとめ

 

ダウンジャケットに嘔吐物が付いてしまったら、安いものだったらそのまま捨てますけど、それをその吐いた友達に請求して良いものかどうか……。そういうことも気になりますね。

 

とにかく匂いがきついので、菌とかなんとか、見えないものじゃなくて、匂いを何とかしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です