ダウンジャケットについた血液の染み抜き方法!時間がたったら落ちない?

私はよくあるんですけど、乾燥しすぎて肌に傷がついて血が出てしまいます。血が出るとその血がダウンジャケットについて、しばらく放置しておくと黒くなり、取れなくなってしまいます。

 

チョコレートを食べすぎていきなり鼻血が出て、自分の服についたという経験もあります。寝ている時に枕が真っ赤に染まったことも……。

 

そんな時に血をどうやって落としたら良いのかを、ダウンジャケットに着目してまとめてみました。時間が経ってしまった血の汚れも、是非チェックしてみてください。

 

汚れの種類を知ろう!

 

汚れの種類は、大きく分けて3種類ございます。

  • 油性
  • 水性
  • 水性&油性

 

しかし、それ以外にも、実は落とせない汚れとして、インク・泥はねや墨汁などもありますが、血液もちょっと特殊です。

 

時間が経ってしみになってしまうと取りにくいので、早急な処置をしなければなりません。その前に……。あなたのダウンジャケットは家で洗濯しても大丈夫なものでしょうか?

 

まずは落ち着いて、タグを確認してみましょう。

 

家で洗濯できるダウンジャケットは?

 

まず、ご自身のダウンジャケットのタグを御覧ください。そのタグにはなんて書いてありますか?丁寧なところは、ちゃんと文章で、家での洗濯禁止と書いてくれているところもあります。

 

また、モンクレールやNORTH FACEなどの高級ダウンジャケットの殆どは、繊細なものが多いので、家で洗濯してしまうと、更に悪化させることも。レザーの場合は、言うまでもなく、水につけるのNGなので、そのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

まずはタグにこのように、桶のマークが付いていないかをチェックしてみましょう。

いかがですか?

 

このマークが出ていたら、クリーニングでなくても手洗いでOKです。そうでなく、ドライマークがついているダウンジャケットの場合は、触りたい気持ちもわかりますが、何もせずにそのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

そのほうが、キレイに汚れも落ち、結果ダウンジャケットが駄目にならないので、費用は抑えられます。

 

血液がついた時の緊急対応

 

これから書きます方法は、家で手洗いをしても良いというダウンジャケットのみの話です。クリーニング業者に出さないといけないダウンジャケットは、家出してしまうと悪化させますので、何も触らずにクリーニング業者に持っていきましょう。

 

タオルを濡らしたもの、また、出先であればハンカチかティッシュペーパーでを湿らせたものを使います。

 

静かに、優しく上から押さえて吸い取っていく容量です。強く押さえると、繊維に染み込むのでNGです

 

服についた血液を落とすポイントは、できるだけ乾かないうちに洗濯をする事です乾いてしまうと血液が酸化してしまい、落ちにくくなってしまいます。

 

しかし、出先だったらそんなこと中々できませんよね。とりあえず、できる範囲で、この応急処置を行いましょう。

 

血液の洗濯方法

血液のシミが残るか残らないかは、乾く前か、乾いた後かで大きく変わってきます。

 

血液が付いてすぐに気付けなかった、処置できなかった場合は、おそらく完全に乾いてしまっている状態だと思います。その状態によっても、やり方が大きく変わってきますので、ご案内していきます。まずはNGの行動から。

 

NGの洗濯方法

 

血液だから、お湯で洗う方が多くいらっしゃるようですが、実は血液は水じゃないと洗ってはいけないのです!

 

お湯で洗うと固くなっているものもゆるくなって落ちると、昔は言われていたのですが、血液は、お湯で拭くとたちまち凝固して繊維にこびりついてしまう性質です。また、固まって、黒くなっているのは、血液内の鉄分が原因ですので、温度的にはあまり関係ありません。

 

血液の落とし方

大きく分けて血液の落とし方は2通りあります。

  • 石鹸液か薄めた中性洗剤で洗う
  • 大根おろしをガーゼなどに包んでたたく

 

その時に応じて、やりやすい方法で行ってください。

 

私の家に大根は常備されていないので、よく行うのはハンドソープ(液状のミューズみたいなもの)を薄めて綿棒に付けたものを血液に当てたり、ガーゼに染み込ませつけておいたりして、最後にすすぎを行っています。

 

してはいけないこと!

気をつけたいのはしてはいけないことです。とにかく擦るのNGです!

 

擦ると、これまでせっかく粒子が奥に入らないようにケアしていたのに、一気に奥に入っていっちゃいますし、ダウンジャケットもズタズタに……。

 

また、時間が経ってしまった血液を落とそうと必死になってもキレイには落とせないので、逆に触らないほうが良いですね。

 

まとめ

時間がどれくらい立ったかによって、落ちやすさが変わってきますが、クリーニング業者によると、24時間放置した状態っだったら、もう何も触らずにクリーニング屋に依頼した方がいいと言われました。

 

お湯で洗うと凝固してダウンジャケットにこびりつくように、手を出せば出すほど悪くなることってあるんですね。

 

また1つ勉強になりました。もし、いつのものか分からない血の跡でしたら、クリーニング屋に持っていくことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です