ダウンジャケットにスタンプ(水性インク)が付いた時の落とし方は?

お外へお出かけにいった時に、遊びの中で、ダウンジャケットが汚れてしまうことがあります。私が出かけていた時にあったのが、無印良品店にて、スタンプコーナーがあり、お友達のダウンジャケットにスタンプを付けてしまったおチビちゃん。

 

蒼白になるのはママの方。

 

そんなときに、どうしたら良いのかわからないという方のための豆知識をまとめてみました。簡単にまとめていきますので、自分の知りたい項目を目次から選んで飛んでいただくことも可能ですよ。

 

スタンプの汚れの種類

 

汚れの種類は、大きく分けて3種類ございます。

  • 油性
  • 水性
  • 水性&油性

 

しかし、それ以外にも、実は落とせない汚れとして、インク・泥はねなどもあります。スタンプは、このインクと同じ扱いになります。

 

インクというと、油性、水性に別れますが、スタンプは水性のインクで汚れとしては落としにくい部類です。インクは全般的に粒子が細かいので、すぐに服の奥まで入り込んでしまい、自分で処置した後にクリーニング業者に持っていっても、対応が難しいことも。

 

しみになってしまうと取りにくいので、早急な処置をしなければなりません。その前に……。あなたのダウンジャケットは家で洗濯しても大丈夫なものでしょうか?

 

まずは落ち着いて、タグを確認してみましょう。

 

家で洗濯できるダウンジャケットは?

 

まず、ご自身のダウンジャケットのタグを御覧ください。そのタグにはなんて書いてありますか?丁寧なところは、ちゃんと文章で、家での洗濯禁止と書いてくれているところもあります。

 

また、モンクレールやNORTH FACEなどの高級ダウンジャケットの殆どは、繊細なものが多いので、家で洗濯してしまうと、更に悪化させることも。レザーの場合は、言うまでもなく、水につけるのNGなので、そのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

まずはタグにこのように、桶のマークが付いていないかをチェックしてみましょう。

いかがですか?

 

このマークが出ていたら、クリーニングでなくても手洗いでOKです。そうでなく、ドライマークがついているダウンジャケットの場合は、触りたい気持ちもわかりますが、何もせずにそのままクリーニング業者に持っていきましょう。

 

そのほうが、キレイに汚れも落ち、結果ダウンジャケットが駄目にならないので、費用は抑えられます。

 

スタンプがついた時の緊急対応

 

これから書きます方法は、家で手洗いをしても良いというダウンジャケットのみの話です。クリーニング業者に出さないといけないダウンジャケットは、家出してしまうと悪化させますので、何も触らずにクリーニング業者に持っていきましょう。

 

一言でスタンプと言っても、いろいろな状況があると思います。インクをたくさん含んでいてビショビショの状態、乾燥していたのか、すったようにちょっとだけついている状態。

 

もともとダウンジャケットには撥水加工されているものが多いので、もしビショビショの状態ならティッシュを上から優しくかぶせ、余分なものを拭き取ってください。ここで注意していただきたいのが、押さえつけたり、こすりつけたりしないことです。

 

スタンプの落とし方

 

スタンプのインクは水性のものです。しかし、ダウンジャケットを丸洗いしたらそのシミも落ちるというような簡単なものではありません。

 

また、基本はジャケットの生地を痛める洗濯方法ですので、スタンプで汚れてしまった場合はクリーニング業者に持っていくことをおすすめいたします。

 

用意するもの

 

乾いたタオル2枚

中性洗剤(食器用洗剤)

 

水性の汚れは基本、中性洗剤で落とします。

 

  • タオルに中性洗剤を染み込ませます
  • インクの部分にゆっくりトントンしていきます
  • スタンプが取れてきたら水で濡らしたタオルを同じところにトントンと当てます
  • 最後に乾いたタオルを軽く押し当てて終了。

 

スタンプが付いてすぐに処置できなかった場合は、おそらく完全に乾いてしまっている状態での対処になっていることでしょう。そうすると中々落ちにくいと思いますが、ある程度やってみて落ちないと感じた場合は、無理に落とそうとするのは逆効果なのでやめておきましょう。

 

そうなってしまうともう、自宅でできることは何もありません。かろうじてできるとすれば、何も触らずにクリーニング屋に持っていくことでしょうか。繊維の奥まで入り込んでしまっれいるので、全体的な水洗いしたところで、その粒子まで届かないのです。

 

してはいけないこと!

気をつけたいのはしてはいけないことです。とにかく擦るのNGです!

 

擦ると、これまでせっかく粒子が奥に入らないようにケアしていたのに、一気に奥に入っていっちゃいますし、ダウンジャケットもズタズタに……。

 

また、時間が経ってしまった墨汁を落とそうと必死になってもキレイには落とせないので、逆に触らないほうが良いですね。

 

まとめ

 

とにかく汚れてしまっても慌てないことが大切です。また、乾いているか、乾いていないかで大きく差があるので、できることなら早めに対処したいものですね。

 

また、そのダウンジャケットが、家で洗濯して良いものかどうかは確認しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です