袴(成人式・卒業式)おすすめのクリーニング業社をご紹介!料金や預け期間も

成人式や卒業式などの大きなイベントも終わって、ホット一息。さて、クリーニングに出さないとな、という時に一番に悩むのは、どこのクリーニング業者に出せば良いのかということ。

 

袴や着物を買った呉服屋でならキレイにしてくれるけど、結構値段だ高いなと感じていらっしゃる方も多いと思います。

 

今回は、安心してクリーニングを任せることができるクリーニング業者と、そこで聞いた話をまとめて書いていきたいと思います。

袴を出す時の注意点

 

袴や着物の主な汚れは、皮脂や汗、カビとホコリなどです。クリーニングに出さずにそのまま仕舞っておくと、しみになるといいますが、その主な原因は汗やカビです。

 

このシミや変色を放っておくと定着してしまい、一般のクリーニングでなく、修復が必要になることも。特にカビなんかは、普通の洗いよりも倍くらい金額が高くなります。

 

見た目に汚れがなくても、その後すぐに着る機会がなければクリーニングに出すことをおすすめします。

 

クリーニング店でよく見かける「丸洗い」と専門的はクリーニングは内容が違います。ただの丸洗いは主に皮脂やホコリの汚れをとる方法として認知してます。

 

汗やカビをとるには丸洗いだけでなく、その袴を水で汚れを確かめながら洗っていきます。

 

洗濯タグを見たら、家で洗えるものもわかります。

 

この桶のマークがついているものは、家で丸洗いも可能です。

 

しかし、袴や晴れ着や訪問着アンティークの着物など、正絹のものや絞りがあるものは家で洗濯することができませんのでクリーニングにお任せしましょう。

 

自宅で洗濯すると縮みや色移りの原因になることがあります。 一般のクリーニングコースが設定されているお店の場合は、どんな方法で洗うのか確認して出しましょう。

 

クリーニング代と種類

先程書きました一般のクリーニング業者は、殆どが安く、そのまま丸洗いのみ行っているのです。他の着物と一緒に洗っているところも。

 

そのまま丸洗いをしても、残念ながら次の機会に出した時に、カビやシミの原因になってしまうこともございます。せっかくクリーニングに出したのに、これじゃあもったいないですよね。

 

また、高額な料金を取る業者は、何をしているかというと、 安いところと比べて、洗いの行程そのものが全く違うことが多いのです。

 

例えば、衿や袖口など汚れがひどい箇所や、汚れやすい場所(見えない汚れがついている場合が多い)は必ず下洗いをします。他も着物とは一緒に洗わず1着ずつ洗ったり、とにかく手間をかけています。

 

また、装飾や絞りがついていると、安いところに持っていって失敗したという事例も少なくありません。そこまで着るタイミングがないのであれば、次に出した時に、着る前にかび臭くてまたクリーニングに出さないといけないという事態にしないためにも、ちゃんとしたクリーニング業者に出すことをおすすめしております。

 

因みに、金額が高い、ちゃんとしたクリーニング業者は袴のみで、1着:8,000円前後するところも。一式クリーニングしようと思ったら3〜5万ほどかかります。

 

安いところは3,300円くらいで受けてくれるところもあります。

 

その着物や袴の装飾や大切さや高級さでクリーニング業者を選んだら良いと思います。

 

1つ気をつけないといけないのが、呉服屋(着物を買ったところ)に持っていくとクリーニングしてくれるところが多いですが、高い料金設定のとろこが多いです。高くても他に委託をしているところがありますので、そこはおすすめしません。

 

料金の相場はわかりましたか?その地域によってもまた変わってきますが、ピンきりで2〜3倍違いますので、そこはお客様のクリーニングに出したい着物の装飾、しぼり、生地やどれくらい大切にしているかによるでしょう。

 

そんなに着ないなら、綺麗にできときにしておかないと、また後で出した時に簡単なクリーニングだとカビの原因にもなりますのでご注意ください。

 

今回は、失敗しないために、袴や着物のクリーニングの専門店をご紹介していきます。

 

おすすめのクリーニング業者

 

◯ワカナクリーニング

福岡に本店があるクリーニング業者ですが、どこを探しても、ここほど周りからの信頼が厚いところはありません。大手のクリーニング業者からも、勉強に来る方や、どうしても取れないシミを持ってくる方もいる、最後の砦のようなクリーニング業者です。

 

特に染み抜きに特化したクリーニング業者なので、他で断られて困っているという方は、相談だけでもしてみると良いでしょう。

 

着物のクリーニング料金は6,000円程度で、この仕上がりの完成度で、これだけ安いのは凄いと思います。

 

期間は要相談で、お急ぎの方は特にここに注文されるのもいいでしょう。

 

きもの辻

着物のクリーニング専門店で、どんな汚れでも落としてくれるような業者です。上の着物に関しては、しぼりや装飾がついているものでもなんでも頼んでいただけます。

 

郵送も可能で、郵送後に見積もりを取ってもらうことも可能です。丁寧な接客で人気なのですが、金額の面でちょっと高いかなという印象は受けます。

 

丸洗い

  • 振り袖:12,960円
  • 留め袖:12,960円〜9,720円
  • 袴:7,560円

 

これは丸洗いの金額です。また、クリーニングが不十分だったり、保管方法が雑でカビが発生してしまった場合はこのような料金になります。

 

カビ取り

  • 振り袖:21,600円
  • 留め袖:23,760円
  • 袴:14,040円

 

ココのお店は対応もいいし、高い技術も持っているので安心して任せることができますが、金額はやはりその分高いのかなという印象です。

 

失敗したくないという方にはおすすめです。

 

きものサロンながしま

着物のことならなんでもおまかせ!自社で工場を持っているので、徹底した染み抜きや、きもの、袴のケアを行ってくれます。

 

会員登録ができて、これをすると、お得な特典が受けられるだけでなく、送ったり実際に持っていかなくても、見積もりを出してくれます。

 

ネット上でやり取りできることと、自社でクリーニングを行うことで、格安のクリーニング料金を実現しています。

 

丸洗いの金額にはなりますが、

  • 振り袖:3,300円
  • 留め袖:3,300円
  • 袴:3,300円

 

なんと、一式クリーニングに出しても1万円前後で済むんじゃないかなってほど安くて、専門店でのこの安さは、私もびっくりです!

 

クリーニング期間

 

クリーニングの期間は、平均3週間から1ヶ月です。店によっては土日を挟んだり、混み具合でスピードが異なってきますので、毎回確認を行うようにしましょう。

 

大体の方がイベントが終わった後のクリーニングになると思いますので、図鑑には余裕があると思います。余裕が無い場合は、追加料金で、お急ぎクリーニングをしてくれるところもありますので、探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です