着物でおすすめのクリーニング業社をご紹介!料金や預け期間も

着物といったら様々な種類がありますよね。喪服や結婚式に着ていく着物、また、子どもの七五三、お宮参りののしめや振り袖、留め袖など。よくよく考えてみたら、人生で着物を着る機会って数回はありますよね。しかし、殆どの方は年に1,2回着たら良いほうでしょうか。

 

あまり着る機会がないと、クリーニングの仕方とか、どのように保管したら良いかがわかりにくいですよね。今回はそんな皆様のためになるような情報をまとめていきます。料金や、期間も気になりますので、わかりやく書いていきますね。

クリーニング業者の相場料金は?

着物は家で洗濯できるものとそうでないものがありますよね。それはタグを見たらわかりますので御覧ください。桶のマークが入っていたらOKです。

 

ただ。物によっては色落ちするものもありますので、このマークがついているからと安心はしないほうが良いでしょう。また、洗濯後の後処理や道具がないという方は、クリーニング業者に頼んでいたほうが安心です。

 

ではココからはクリーニングに出したいと思っている方に、参考になる情報をまとめていきます。

 

着物のクリーニングは、正直ピンきりです。正月近くなれば、クリーニングの前で「着物のクリーニングします」のノボリを見かけることも多くなるでしょう。

 

その一方、着物を専門的にしているクリーニング業者もございます。その業者はちょっと料金が高くなったりします。なんで高い料金と、安い料金とで差があるのでしょうか。

 

料金の差の理由は?

安い業者の殆どは、そのまま丸洗いのみ行っているのです。他の着物と一緒に洗っているところも。そのまま丸洗いをしても、残念ながら次の機会に出した時に、カビやシミの原因になってしまうこともございます。せっかくクリーニングに出したのに、これじゃあもったいないですよね。

 

また、高額な料金を取る業者は、何をしているかというと、 安いところと比べて、洗いの行程そのものが全く違うことが多いのです。

 

例えば、衿や袖口など汚れがひどい箇所や、汚れやすい場所(見えない汚れがついている場合が多い)は必ず下洗いをします。他も着物とは一緒に洗わず1着ずつ洗ったり、とにかく手間をかけています。

 

また、装飾や絞りがついていると、安いところに持っていって失敗したという事例も少なくありません。そこまで着るタイミングがないのであれば、次に出した時に、着る前にかび臭くてまたクリーニングに出さないといけないという事態にしないためにも、ちゃんとしたクリーニング業者に出すことをおすすめしております。

 

因みに、金額が高い、ちゃんとしたクリーニング業者は着物のみで、1着:13,000円〜9,500円するところも。

 

安いところは3,300円くらいで受けてくれるところもあります。

 

その着物の装飾や大切さや高級さでクリーニング業者を選んだら良いと思います。1つ気をつけないといけないのが、呉服屋に持っていくとクリーニングしてくれるところが多いですが、高い料金設定のとろこが多いです。高くても他に委託をしているところがありますので、そこはおすすめしません。

 

料金の相場はわかりましたか?その地域によってもまた変わってきますが、ピンきりで2〜3倍違いますので、そこはお客様のクリーニングに出したい着物の装飾、しぼり、生地やどれくらい大切にしているかによるでしょう。

 

そんなに着ないなら、綺麗にできときにしておかないと、また後で出した時に簡単なクリーニングだとカビの原因にもなりますのでご注意ください。

 

 

おすすめ業者ベスト3!

 

では、クリーニングのおすすめの業者をご紹介いたします。

 

3位 リネット

リネットはテレビでも取り上げられたことがある宅配クリーニングサービスです。家から頼んで、家まで届けてくれるのでかなり便利で助かるという声も多い業者です。シャツやパンツもクリーニング受けておりますので、簡単なものも依頼できます。

 

3,000円以上で送料も無料となりますので、着物をクリーニングされる方は無料になるでしょう。

 

  • 着物&浴衣:3,100円~
  • 着物(肌着/上着):870円~
  • 七五三:1,920円~
  • 帯:2,290円~

 

これは、かなり安い方です。しかし、宅配サービスの業者は、クリーニングの衣服を、傘下の業者に降ることが多いので、技術がまばらにはなってきます。これだけ安いということは、それなりにリスクは伴うでしょう。私はダウンジャケットや着物などの高級なものよりも、宅配業者にはシャツやパンツなどの簡単で良くクリーニングに出すものを任せています。
人それぞれの価値観ですので、リスクよりもとにかく安い所が良いという方は、こちらの業者が私が調べた中でも、かなり安いところです。

 

期間

最低21日後にお届け。使ったあとなら良いですが、使う前なら余裕を持って宅配に出しておかなければなりませんね。

 

2位 きもの辻

着物のクリーニング専門店で、どんな汚れでも落としてくれるような業者です。しぼりや装飾がついているものでもなんでも頼んでいただけます。

 

郵送も可能で、郵送後に見積もりを取ってもらうことも可能です。丁寧な接客で人気なのですが、金額の面でちょっと高いかなという印象は受けます。

 

丸洗い

  • 振り袖:12,960円
  • 留め袖:12,960円〜9,720円

 

これは丸洗いの金額です。また、クリーニングが不十分だったり、保管方法が雑でカビが発生してしまった場合はこのような料金になります。

 

カビ取り

  • 振り袖:21,600円
  • 留め袖:23,760円

 

ココのお店は対応もいいし、高い技術も持っているので安心して任せることができますが、金額はやはりその分高いのかなという印象です。

 

1位 ワカナクリーニング

とにかく古くからある老舗のクリーニング業者でありながら、常に研究を重ねて、クリーニングの最先端を行く業者です。また、対応もよく、事前の説明もしっかりしてくれました。ココのクリーニング業者に大切なものを任せたいがために、1時間以上かけてこの店に来られる方も。

 

とにかく安心して任せることができるのがありがたいですね。

 

金額

  • 訪問着8000円〜
  • 留袖 振袖10000

お値段も平均的で、これだけの技術なら申し分ないと、一度行った方はやみつきになるクリーニング業者です。

 

まとめ

着物は毎年着るか、5年とか数年に1度着るかでカビの発生の確率が変わってきます。カビが発生してしまったら、余計にお金がかかってしまうのが現状で、店によっては倍以上するものも。

 

どこでお金を出すかで、結局オトクになることも多いので、そこのポイントはしっかり抑えていただきたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です