ダウンジャケットのドライ洗いのクリーニング方法は?家でのケア方法

ダウンジャケットを着ていると、いつの間に付いたかわからないようなシミがついていることってありませんか?また、衣替えから出した時に、去年なかったようなシミや虫食いがあったり。そんな時にちょっと着ていく前に自分で洗えたらなと思い、洗濯タブを見てみると「ドライ」と書いてあります。

 

ドライって、水使うなってこと?
洗濯機にドライって項目があるの?

 

よくわからないことだらけでしたので、ネットでもいろいろ調べてみました。……けど、この情報ってちゃんとあってるのかな?

 

そし、それで間違ったやり方をしてしまったら、私が大切にしていたジャケットが駄目になってしまいます。そこで、いつもクリーニングをお願いしている業者に直接聞いてみました!

 

私も、それで襟のテカテカを綺麗にできたらと思っています。みなさまも是非参考にしてみてください。

 

水洗いとドライの違い

ドライ表記のものと水洗い表記のもの、ドライって、洗濯機にもドライ洗濯ってあるよ、これで洗ったらダメなの?という質問をされることがあるそうです。厳密に言えば、家の洗濯機で洗うものはどんなシステムでも「水洗い」と同じなんだとか。まぁ、たしかに、最初に水ドバーって出してますもんね。

 

同級なダウンジャケットは全てドライ表記です。しかし、ダウン者ケットの中のダウンは水鳥の羽毛を使っていますので、基本水洗いがジャケットを傷めずにいいそうです。しかし、なぜドライ表記になっているものが多いのか。

これはダウンジャケットの安全のためだそうで、水洗いにするとキレイになるのですが、ペチャンコになりやすかったり偏りやすかったり、様々なトラブルも起こりやすいのです。

 

また、表面の素材によって色々な洗い方があるので、ドライ表記=クリーニング業者に任せなさい、という意味ととってもらって構いません。しかし、クリーニング業者にもいろいろあって、対処に不安があるところは水洗い可のものでもドライで洗って、きれいにならなかったり、他の業者に頼んだりしているのです。

 

クリーニング業者でもドライ洗いで、襟のテカリは落ちますが、中の汚れは全然落ちていないそうです。お金を出したのにもったいない!なんてことにならないためにも、ドライ表記のダウンジャケットは信頼の置けて丁寧に説明してくれるクリーニング業者に任せたほうが良いでしょう。

 

家でのケア方法は?

クリーニング屋さんに家で洗濯できるんですか?と聞いたら、すごく難しい顔していました。家ではしないほうが良いんだと察しました(笑)

 

水洗いと書いてある物なら、洗剤を使って落とす方法もあるようです。

 

ドライの方は油がついたり、汚れがつくと自分で落とせないので、できるだけ触らずにクリーニング業者に持っていくようにしましょう。

 

人気クリーニング業者は?

昔、色々クリーニング業者さんを回りましたが、高級なダウンジャケットって断られるんですよね……。そこでネットで口コミの評価が高かった業者に持っていったら、詳しくしっかり説明してくれて、しかも細かい気配りで満足させてくれるところでした。口コミ通りで、それから色々お世話になっています。

 

福岡でも人気が高く、クリーニングの業者からも困った案件を預かるようなクリーニング屋です。

 

ワカナクリーニング

創業昭和9年から、85年以上続けてきたクリーニング老舗のお店です。工場で働くスタッフの方々は凄腕のプロフェッショナルばかり。とにかく実績を積み重ねてきた会社で、皆様の大切な衣服で、他の業者で取れなくて諦めていたシミや黄ばみもきれいに取ってくれます。「ありがとう」より、「凄い!」と言われることを追求してきたというクリーニング業者です。しっかり説明もしてくれますので、とにかくリピーターが多い業者。

 

リピーターが多い理由はたくさんありますが、その一つに皆様が気づかないような隠れた痛み・シミほつれなどに気づき、ケアしてくれることにあります。人情味ある暖かなクリーニング業者で、間違いなくたくさんあるクリーニング業者の中で技術・対応ともに1番の業者と言えます。

 

大切にしているダウンジャケットのクリーニングを守りたい、失敗したくないという方におすすめです。

 

まとめ

着ているとどうしても汚れてしまいますよね。どうしようと困ったときには大切なものならクリーニングに持っていきましょう。水洗いできるもの、また、最悪被害が大きくなることを想定内として割り切れるのであれば、家で手入れしてみてもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です