ダウンジャケットは自宅で洗濯できる?クリーニングに出さない場合は

自分のお気に入りのダウンジャケットはお持ちですか?私も海外で買った高級ブランドのダウンジャケットを持っています。ドラマや女優さんがプライベートで使っているようなものですよ!と進められたのを覚えています。

 

私も最初の年はあまり使うことなくて、クリーニングに出さずに仕舞っていたんです。しかし、翌年クローゼットを空けてみると匂いが……。これはクリーニングに出さないと着れないということで、家の近くでクリーニング業者を尋ね回りましたがことごとく断られてしまいました。

 

クリーニングで断られないところと思って探した中で、レビューの評価が一番高かったのが「ワカナクリーニング」という業者でした。

 

ここのスタッフの方は皆さん親切で、親身になって相談に乗ってくれます。また、自宅でどう手入れをしたら良いかなども相談に乗ってくれました!皆さんの役に立てばいいなと思います。

自宅で洗濯を失敗しない方法!

まずはタグを見てみましょうとのことでしたので、自分のも見てみました。私のダウンジャケットはドライでした。他に水洗いという表記もありますので、表記別に見ていきたいと思います。

 

手洗い表記

モンクレールやデュベティカなどの高級ブランドのダウンジャケットになると、だいたい「ドライ」と表記されていると覆います。ユニクロで買ったダウンジャケットも昔持っていましたが、それには「水洗い」と書いてありました。その表記があるものだけ、家で洗うことも可能だそうです。その手順も簡単に教えていただいたので記載していきたいと思います。

注記1:必ずネットに入れて洗う
ロングダウンだと中々入らないかもしれませんが、表面が傷つくのを防ぐためにもネットに入れることは重要です。軽くたたんでから、ネットに入れて洗濯してみましょう。ダウンジャケットは最初水を弾きますので、中で浮いたまま回ってしまうということもございます。洗濯機で回す前に、ネットの周りからバスタオルでくるんでみてください。タオルが水を吸うのでダウンジャケットも水が貯まると同時にどんどん沈んでいきます。

注記2:洗濯機の設定をする
ダウンジャケットを洗うときには手洗いコースやソフトコースで洗いましょう。理由は中に入っている生地を傷めないようにするためです。普通に洗うよりも優しく洗えるのがこの「手洗い」や「ソフト」コースです。また、よく問題になっている、中のダウンが偏りの問題解決のために、脱水時に途中2,3回くらい一時停止して、ちょっと取り出して状態を確認してみてください。

注記3:空気を入れながら干す

洗濯後は中身のダウンが偏っていることがありますよね。洗濯機から出したら干す前に軽くダウンジャケットを布団のように、布団たたきを使って空気を入れてみてください。また乾燥するときには自然乾燥がおすすめです。乾燥機を使うとまた偏る可能性が多いので気をつけてください。また、自然乾燥する際には表面が乾いたあとも、2日は干し続けていただきます。

 

ドライ表記

ダウンジャケットは水鳥の羽毛を使っていますので、基本水洗いが傷めずにいいそうです。しかし、なぜドライ表記になっているのか。これは安全のためだそうで、水洗いにするとキレイになるのですが、ペチャンコになりやすかったり偏りやすかったり、様々なトラブルも起こりやすいのです。

 

また、表面の素材によって色々な洗い方があるので、ドライ表記=クリーニング業者に任せなさい、という意味ととってもらって構いません。しかし、クリーニング業者でも、対処に不安があるところは水洗い可のものでもドライで洗って、きれいにならなかったり、他の業者に頼んだりしているようです。

 

自分が依頼したクリーニング業者が、他の業者へ委託しているのはなんとなく嫌だ……。という方も結構いらっしゃいます。なら、その委託先に直接持って行っちゃえばどうでしょう?委託になると、やはり金額もかかります。私も直接持っていって実際にスタッフと話して、信頼できるところに頼んでいます。

 

クリーニングに出せない時は

基本的には汚れた場合はあまり扱わずに持ってきて欲しい、扱われたものはたいてい生地が傷んでいたり、汚れが奥に入り込んで余計に取りにくくなるから、と言われました。しかし、どうしてもクリーニングに持っていけない時がありますよね。その際には水洗い可のものでしたら、さきほど書いたやり方で洗濯してみてください。ドライのものでしたら選択しようとしないほうが良いでしょう。クリーニングに出すまで扱わないのが、そのダウンジャケットを守るためのベストな行動です。

 

年に一回のクリーニングのタイミングには、是非業者に出していただきたいです。しかし、その年クリーニングに出せないときにはまず2,3日陰干しにして乾燥させましょう。その後、不織布をかぶせて湿気の少ないところで管理しておくといいです。不織布では色あせも防いでくれます。

 

では、私の一押し!おすすめのクリーニング業者をおすすめいたします。

 

おすすめクリーニング業者!

私が良くしてもらっているワカナクリーニングは創業昭和9年から、85年以上続けてきたクリーニング老舗のお店です。工場で働くスタッフの方々は凄腕のプロフェッショナルばかり。とにかく実績を積み重ねてきた会社で、皆様の大切な衣服で、他の業者で取れなくて諦めていたシミや黄ばみもきれいに取ってくれます。「ありがとう」より、「凄い!」と言われることを追求してきたというクリーニング業者です。しっかり説明もしてくれますので、とにかくリピーターが多い業者。

 

リピーターが多い理由はたくさんありますが、その一つに皆様が気づかないような隠れた痛み・シミほつれなどに気づき、ケアしてくれることにあります。人情味ある暖かなクリーニング業者で、間違いなくたくさんあるクリーニング業者の中で技術・対応ともに1番の業者と言えます。

 

大切にしているダウンジャケットのクリーニングを守りたい、失敗したくないという方におすすめです。

 

まとめ

ダウンを自分で洗うときって、ドキドキしますよね。本当にこれがちゃんともとに戻るのだろうか、シワにならないだろうかと。高級なブランドであるなら、リフォームという意味を込めても業者に任せたほうが良いと、たくさんの失敗談やクリーニング業者の話を聞いていて思いました。因みに、洗ったのに逆に汚れた!という方は中のダウンから汚れが出てきたパターンの可能性が高いそうです。そういうときにはもう自分で対処できないので、クリーニング業者に相談してみましょう。自分のお気に入りのダウンジャケットはお持ちですか?私も海外で買った高級ブランドのダウンジャケットを持っています。ドラマや女優さんがプライベートで使っているようなものですよ!と進められたのを覚えています。私も最初の年はあまり使うことなくて、クリーニングに出さずに仕舞っていたんです。しかし、翌年クローゼットを空けてみると匂いが……。これはクリーニングに出さないと着れないということで、家の近くでクリーニング業者を尋ね回りましたがことごとく断られてしまいました。クリーニングで断られないところと思って探した中で、レビューの評価が一番高かったのが「ワカナクリーニング」という業者でした。

 

ここのスタッフの方は皆さん親切で、親身になって相談に乗ってくれます。また、自宅でどう手入れをしたら良いかなども相談に乗ってくれました!皆さんの役に立てばいいなと思います。

自宅で洗濯を失敗しない方法!

まずはタグを見てみましょうとのことでしたので、自分のも見てみました。私のダウンジャケットはドライでした。他に水洗いという表記もありますので、表記別に見ていきたいと思います。

 

手洗い表記

モンクレールやデュベティカなどの高級ブランドのダウンジャケットになると、だいたい「ドライ」と表記されていると覆います。ユニクロで買ったダウンジャケットも昔持っていましたが、それには「水洗い」と書いてありました。その表記があるものだけ、家で洗うことも可能だそうです。その手順も簡単に教えていただいたので記載していきたいと思います。

注記1:必ずネットに入れて洗う
ロングダウンだと中々入らないかもしれませんが、表面が傷つくのを防ぐためにもネットに入れることは重要です。軽くたたんでから、ネットに入れて洗濯してみましょう。ダウンジャケットは最初水を弾きますので、中で浮いたまま回ってしまうということもございます。洗濯機で回す前に、ネットの周りからバスタオルでくるんでみてください。タオルが水を吸うのでダウンジャケットも水が貯まると同時にどんどん沈んでいきます。

注記2:洗濯機の設定をする
ダウンジャケットを洗うときには手洗いコースやソフトコースで洗いましょう。理由は中に入っている生地を傷めないようにするためです。普通に洗うよりも優しく洗えるのがこの「手洗い」や「ソフト」コースです。また、よく問題になっている、中のダウンが偏りの問題解決のために、脱水時に途中2,3回くらい一時停止して、ちょっと取り出して状態を確認してみてください。

注記3:空気を入れながら干す

洗濯後は中身のダウンが偏っていることがありますよね。洗濯機から出したら干す前に軽くダウンジャケットを布団のように、布団たたきを使って空気を入れてみてください。また乾燥するときには自然乾燥がおすすめです。乾燥機を使うとまた偏る可能性が多いので気をつけてください。また、自然乾燥する際には表面が乾いたあとも、2日は干し続けていただきます。

 

ドライ表記

ダウンジャケットは水鳥の羽毛を使っていますので、基本水洗いが傷めずにいいそうです。しかし、なぜドライ表記になっているのか。これは安全のためだそうで、水洗いにするとキレイになるのですが、ペチャンコになりやすかったり偏りやすかったり、様々なトラブルも起こりやすいのです。

 

また、表面の素材によって色々な洗い方があるので、ドライ表記=クリーニング業者に任せなさい、という意味ととってもらって構いません。しかし、クリーニング業者でも、対処に不安があるところは水洗い可のものでもドライで洗って、きれいにならなかったり、他の業者に頼んだりしているようです。

 

自分が依頼したクリーニング業者が、他の業者へ委託しているのはなんとなく嫌だ……。という方も結構いらっしゃいます。なら、その委託先に直接持って行っちゃえばどうでしょう?委託になると、やはり金額もかかります。私も直接持っていって実際にスタッフと話して、信頼できるところに頼んでいます。

 

クリーニングに出せない時は

基本的には汚れた場合はあまり扱わずに持ってきて欲しい、扱われたものはたいてい生地が傷んでいたり、汚れが奥に入り込んで余計に取りにくくなるから、と言われました。しかし、どうしてもクリーニングに持っていけない時がありますよね。その際には水洗い可のものでしたら、さきほど書いたやり方で洗濯してみてください。ドライのものでしたら選択しようとしないほうが良いでしょう。クリーニングに出すまで扱わないのが、そのダウンジャケットを守るためのベストな行動です。

 

年に一回のクリーニングのタイミングには、是非業者に出していただきたいです。しかし、その年クリーニングに出せないときにはまず2,3日陰干しにして乾燥させましょう。その後、不織布をかぶせて湿気の少ないところで管理しておくといいです。不織布では色あせも防いでくれます。

 

では、私の一押し!おすすめのクリーニング業者をおすすめいたします。

 

おすすめクリーニング業者!

私が良くしてもらっているワカナクリーニングは創業昭和9年から、85年以上続けてきたクリーニング老舗のお店です。工場で働くスタッフの方々は凄腕のプロフェッショナルばかり。とにかく実績を積み重ねてきた会社で、皆様の大切な衣服で、他の業者で取れなくて諦めていたシミや黄ばみもきれいに取ってくれます。「ありがとう」より、「凄い!」と言われることを追求してきたというクリーニング業者です。しっかり説明もしてくれますので、とにかくリピーターが多い業者。

 

リピーターが多い理由はたくさんありますが、その一つに皆様が気づかないような隠れた痛み・シミほつれなどに気づき、ケアしてくれることにあります。人情味ある暖かなクリーニング業者で、間違いなくたくさんあるクリーニング業者の中で技術・対応ともに1番の業者と言えます。

 

大切にしているダウンジャケットのクリーニングを守りたい、失敗したくないという方におすすめです。

 

まとめ

ダウンを自分で洗うときって、ドキドキしますよね。本当にこれがちゃんともとに戻るのだろうか、シワにならないだろうかと。高級なブランドであるなら、リフォームという意味を込めても業者に任せたほうが良いと、たくさんの失敗談やクリーニング業者の話を聞いていて思いました。因みに、洗ったのに逆に汚れた!という方は中のダウンから汚れが出てきたパターンの可能性が高いそうです。そういうときにはもう自分で対処できないので、クリーニング業者に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です