陰干しの理由や時間帯は?ベランダで干すための便利グッズも紹介

衣服の洗濯表記をみると色々な情報が書いてあります。

その中の一つに、陰干しのマークがありますが、陰干しって具体的にどのように干したらいいのでしょうか?

  • 部屋の中で干すと臭くなりやすい
  • ベランダで干すと日に当たる

陰干しって意外と難しいんですよね。

そもそもなぜ陰干ししないといけないのか、その理由もわからないというあなた。

今回はその理由と、そこから基づく陰干しの方法をご紹介していきます。

なぜ陰干しをしないといけないのか

そもそもなぜ陰干しをしなければいけないのかご存知ですか?

洗濯のタグをご覧ください、干し方に関してこのように指定されています。

 

※左が旧洗濯表記で右が新しい洗濯表記です

一番上のマークがついていれば洗濯後は陰干ししないといけません。

陰干しをしないといけない理由

陰干ししないといけない一番の理由は紫外線による変質、変色を防ぐためです。

特に天然繊維(綿・麻・シルク)は紫外線によるダメージを受けやすい素材ですので、だいたいのものが陰干しのマークを付けています。

また、紫外線を浴びて変色してしまうのは、何も素材のせいだけではありません。

洗濯機で洗濯しても意外と汚れがおとません。きれいになりきれなかった汗汚れは、紫外線を浴びることによって変退色や生地のダメージが進んでしまうので陰干しをします。

 

※陰干ししなくていい服の場合

長時間日の下で干していると渇きすぎて生地が傷んだり色落ちする心配があります。

生地の風合いを保つにはある程度の水分も必要なので天日干しでカラッカラは良くないです。

柔軟剤の香りも飛んでしまいますので、陰干しマークが付いていなくても、できれば陰干しをするように心がけましょう。

 

陰干しはベランダでできる?

服は陰干しマークがついてなくても陰干ししたほうがいいということを先程お伝えしましたが、部屋の中で干すと臭くなってしまいますよね?

冬なら、部屋に干しても部屋の乾燥を防いでくれるという理由で、そんなに部屋干しに抵抗という方も多いですが、夏になると部屋干ししたら部屋が湿気で雑菌が湧き臭くなってしまいますし、干し方が悪いとカビがはえることも。

できれば、外で服に風を通しながら陰干ししたい!

そんな時に役立つ方法をご紹介いいたします。

 

ベストな時間帯は?

陰干し=日光を当てない

この理論でいうなら、夜は外に干してもOKということになります。

寒い時期や湿気が多い時期、日が昇るのが高い時期など様々ですので、シーズンごとに外で干すベストな時間をご紹介いたします。

春〜夏:早朝から10時前後、17時から20時前後の間

※この時期は梅雨やいきなりの雨が降ることが多いので、すぐに雨に気が付かない時間帯は外に干しっぱなしにするのは避けたほうがいいでしょう

 

秋〜冬:早朝から11時前後、16時から夜間

※この時期は気温的には寒いですが、乾燥しているため、乾燥も早いです。しかも、日光が当たる時間も少ないので、洗濯はしやすい時期ですね。

 

便利グッズを使ってもっと楽ちん!

陰干しを外でしたいと思う理由は、「風通しを良くしたい」からです。

風通しを良くしとかないと、湿気が逃げず菌が発生し、臭いやカビの原因にもなります。

では影干しする時に役立つアイテムをご紹介していきますね!

急な雨や日差しを避ける

外に干したときの目隠しにもなりますし、このアイテムは重宝するアイテムです。


雨よけシート ベランダ便利シート 洗濯物カバー Lサイズ ( ベランダカーテン 雨除けカバー 目隠しシート 洗濯カバー 日よけ ベランダ日よけ 雨よけ 花粉 黄砂 ベランダカバー 陰干し 洗濯用品 )【4500円以上送料無料】

取り外しも簡単なのでTPOで使い分けることも可能です。

服を覆ってくれるものもありますよ


折り畳んで収納 洗濯物保護・目隠しカバー 洗濯日和 洗濯物干し【RCP】

部屋で干しても風通し良く


簡単組み立てステンレス室内物干し H-70X アイリスオーヤマ 洗濯物干し 部屋干し 洋服掛け ランドリー 陰干し 雨の日のお洗濯に

お風呂場で干せると、換気扇も回せていい状態で干せますね。


【お取り寄せ】アイリスオーヤマ YM-260 浴室突っ張り物干し コンパクト 折りたたみ 竿の高さ調整可 お風呂場対応|2台目需要 浴室乾燥機 一人暮らし 単身赴任 梅雨対策 日陰干し 窓際 アレルギー対策 室内干し

外で干すときにも使っていいものですが、部屋干しで使いやすいのがこのアイテムです。

 

まとめ

今回は陰干しについて色々ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

外に干しっぱなしにしていて、服がかちかちになってしまった経験がありますが、それは日光のせいだったんですね……これからは気をつけていきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です