喪服(礼服)のクリーニング料金の相場は?預け期間や家での手入れ方法も

喪服を着たあとに、どこかクリーニング業者に依頼したほうがいいのかなと悩んだことありませんか?

そんなに着る頻度が多くない喪服だからこそ、どう取り扱っていいかわからなくなるものです。

クリーニングに出すにしても、どれくらい値段がするものなのか、また預ける期間も気になりますし、家でできることはしておきたいものですね。

今回は喪服をクリーニングに出そうか迷っているあなたにお役立ち情報をご紹介いたします。

クリーニング料金の相場は?

クリーニングの料金は、クリーニング業者やメニューによって大きく変わってきます。

また、喪服は普通のスーツよりもちょっと高めです。

一般的なスーツのクリーニング料金の相場は1,100〜1,700円程度です。

※ここからシミ抜きやプレミアム仕上げなどのプラス料金は発生します。

では、喪服のクリーニング料金を見ていきましょう。

  • 喪服 上:950円
  • 喪服 下:750円
  • 女性用喪服 上:900円
  • 喪服スカート:700円
  • 喪服ワンピース:1200円
  • 喪服ブラウス:650円

+汗ジミ抜き料金、特別料金(高級な喪服の場合、追加料金が発生することはあります)

料金は店によって本当にバラバラですね……。

クリーニング業者を選ぶ時に、あまり安すぎるところを選ぶのは心配です。

あまりにも安いと、絶対に必要な費用のどこを削っているのか……おそらくクリーニングの品質が一番削りやすいので、そこでしょう。

高ければいいってことはないですが、安いところはその理由があるはずなので、警戒が必要です。

クリーニングに出すとき撥水加工をプラスするのがおすすめ

撥水加工には、毛や綿、麻、ポリエステルなどといった素材に関わらず、雨や雪、食べこぼしから衣類を守ってくれる効果があります。

春や秋に多い花粉からも衣類を守ってくれますよ。

クリーニング期間はどれくらい

クリーニングの期間は、店舗と宅配で異なります。店舗だと通常2〜3日くらいで仕上がりますし、最近流行りの宅配だと5〜7日かかります。

よく家の近くのクリーニングのノボリで見かける、最近短納期のサービスの店舗では「翌日仕上がり」や、「当日の朝10〜11時までに出せば、17〜18時に仕上がる」という店舗もあります。

どうしても急いでいる時は、そういう店舗を利用してもいいと思います。

 

クリーニングに出す前に注意しておくこと

喪服をクリーニングに出すときには、気をつけてほしいポイントが3つあります。

一つずつチェックしていきましょう!

①喪服をセットで出すこと

喪服をクリーニングに出す上で大切なことは、上下セットで出すことです。

ジャケットだけが汚れたので、上だけをクリーニングに出す、逆にズボンだけ出そうとする方もいるでしょう。

クリーニングでも洗浄や乾燥を行う工程の中で、上下別々でクリーニングしていると、そのうち色や質が少しずつ変わってくることがあります。

そのちょっとした変化でスーツを着用したときに違和感を感じることがあるので、必ず上下セットで出すようにしてください。

 

②ポケットの中身をチェックすること

例えば、ポケットに用紙やティッシュが入っていたり、ボールペンが入っていたままクリーニングをしてしまったら、大変なことになってしまった、ということもあります。

クリーニング店でも必ず洗浄前にポケットの中身をチェックしていますが、人間が行うことなので抜けてしまう事があります。そうなるとチェックが行き届かない場合もあり、先程の事例のようなことにもなりかねません。

クリーニングに出す前に、ポケットの中身は必ずチェックしましょう。

③【重要】シミや傷みの有無など注文時にお店に伝えること

どこのクリーニング業者でもですが、スーツ限らず出した衣類の状況はクリーニングに出す前に、自分で把握しておきましょう。

クリーニング店によっては、シミ抜きに別料金がかかることもありますので確認しておきましょう。

事前にシミの箇所をお店に伝えておけば、お店側も安心してクリーニングすることができます。

また、その喪服が返ってきた時は、伝えていたシミや汚れがしっかり落ちているのかは確認しておきましょう。

 

家での簡単喪服ケア

お気に入りのスーツを長持ちさせるためには、家でのケアも大切です。

まずは、家に帰ってきて喪服を脱いだら、放置せずになるべく早めにハンガーにかけて形を整えるようにしましょう。

スーツのシワは着用するとある程度伸びますが、脱いだままの状態のシワは直りにくくなってしまいます。スーツは必ずハンガーにかけてください。

喪服を着た後のケアを簡単にまとめましょう。

  • ブラッシングをする
  • ホコリや食べ物のカスをきちんと取る
  • 風通しの良いところで湿気溜め込まないようにする
  • 日陰で干すようにする

スーツは日光に当てて干したり、湿気の高いところで保管したりしないことが大切なんです。最悪な場合スーツが変色してしまったり、カビが発生したり、ズボンのラインがとれたりする恐れも! 

使う頻度は高いのに、敏感なスーツ、毎日のお手入れでなるべくクリーニングに出す頻度を減らして、長くきれいに着るようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、クリーニング料金も期間も、業者によって少しずつ違います。

あなたの今の状況に合ったクリーニング業者を、是非正しく選んでいただきたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です