衣服のカビはクリーニングで落ちる?カビの種類と料金の関係も

  • 洗濯機を回したけれど、洗濯物を入れっぱなしにしていた
  • 干していたけれど、偏って干していたのでカビが生えてしまった

そんな経験ありませんか?

カビの色って洗濯したって漂白したってなかなか落ちないんですよね。これを落とす方法はあるのでしょうか。

今回は、謝ってカビを生やしてしまった!というあなたの悩みを解決する方法をご紹介いたします。

クリーニングでカビは落ちるの?

私はガッツリ仕事をしていた頃、洗濯機を回しては寝落ちしてしまい、朝にまた洗濯をし直すという生活を繰り返していました。

そして気がつくとカーディガンに黒いカビが……当時の私は、まさかカビができるとは思っていなかったので、相当動揺したのを今でも覚えています。

 

何とかしてこのカビのシミを取りたい!

 

そんなとき、多くの方は「漂白剤を使ってみる」という発想になるでしょう……あなたもそのカビを漂白剤につけようとしていませんか?

残念ながら、色物の布に生えてしまったカビは、たとえ塩素系漂白剤でも落ちませんし、酸素系漂白剤でも落ちる可能性は低いです。

むしろ、服の柄が漂白されてしまい、カビだけ残っている自体になりかねません。

つまり、カビが生えてしまった状態の服を家できれいにすることはできないのです。

カビは菌ですので身体にも害を及ぼします

クリーニングに持っていけば、シミだけでなく、臭いもきれいに落としてくれますよ。

 

クリーニングではココに注意!!

カビを簡単に分けると2種類に分類されます。

  • 白カビ
  • 黒カビ

それぞれ特徴があり、クリーニングする時にも関係してきます。

 

白カビ

クリーニングに出すと比較的すぐにきれいになる

  • 料金も安めに済む
  • 他のシミと間違われやすい
  • 発生しやすい
  • スーツのジャケットやウールのコートによくみられる

この白カビに関しては、通常のクリーニングで落とすことが出来るので、追加料金が取られないことが多いです。

ただ、発生しやすいのが難点なので気をつけていただきたいですが、服に発生するのは白カビより、黒カビのほうが多いです。

 

黒カビ

  • 普通にクリーニングしても取れない
  • 白カビよりは発生しにくいといわれている
  • ワイシャツやブラウスなどに発生することが多い

黒カビは黒いごまのようなシミです。

子供用の服に食べこぼしの汚れがきれいに落ちてなかったらよくこのカビになります。

普通のクリーニングをシても落ちませんので、特殊な技法を使います。

「色かけ」といって特殊な汚れに対して強い漂白をする時は衣服自体の色が落ちないような処置を施します。

クリーニング業者によってはコレができないこともありますし、請求額が大きくなることがありますので、必ずクリーニングに出す前にしっかり相談するようにしてください。

 

カビの出来る原因について

ちゃんとしまっていたはずなのになんでこんなことになってしまったんだろう。

来年同じことを繰り返さないためにも、カビが発生してしまったり匂いがついた原因は突き止めておきたいですね。

カビが発生する原因にはこれらがあげられます。

  • 洗濯物がしっかりと乾いていない
  • 水分を含んだまま長い時間が経過
  • 汚れや汗が洗濯でちゃんと落ちていない
  • 洗濯機の洗濯槽に付いたカビの胞子が付着している

 

思い当たる節がないという時は、しまっていた場所や方法に原因があるかもしれません。

出した時にクリーニングに慌てて出すことにならないよう、半年に一度はタンスから出して陰干しするとカビ予防に効果的です。

 

まとめ

カビが生えている服を着たくない、もう捨てたいと思うか、それでも大切なものだからなんとかきれいにしたいと思うかは人それぞれです。

カビは環境によっては生えてしまっても仕方ないものですが、クリーニングに出すなら、きれいにシミと匂いを取ってくれ、色落ちがないところに任せたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です