洗濯機に服を入れっぱなしにした時の対処法は?カビや臭いについても








洗濯機を回したはいいけれど、バタバタしていたり、洗濯機を回したことを忘れていて、中に服が入ったまま長いこと放置してしまった…なんて経験ありませんか?

私も昔朝早くから番まで働いていた時は、どうしても洗濯する時間がなくて、洗濯機の中に一晩洗濯物を入れっぱなしにしてしまっていました。

次の日洗濯機の扉を開けると、むわ〜っとした空気と共にカビ臭い匂いがして、あ〜蒸されてたんだなと激しく後悔します。

触ってみると、服もキシキシに……そんな時どうしたらいいのか、また、この匂いやカビは取れるのか、今悩んでいるあなたに役立つ情報をお届けいたします。

洗濯機に入れっぱなしにしていても問題ない?

洗濯機に服を入れっぱなしにしているか経って案外多くて、なにか問題があるの?と思われているかもしれませんね。

洗濯機に洗濯し終えた服をそのまま入れっぱなしにしておくとどうなるのでしょうか。

洗濯機で脱水までしたとしても、中は湿気で覆われています。

しかも、夏はどんどん温度も上がり、すぐにカビや匂いの元となってしまうのです。

もともと、嫌なニオイのもとはカビの菌がほとんどですからね。

臭いがしたら、見えなくともカビの菌ができていると思ってもらって間違いありません。

服の生地だってかなり傷むことになります。

ではどれくらいの時間放置しても大丈夫なのでしょうか?

 

何時間までなら大丈夫?

私が洗濯してそのまま寝てしまった時は、一晩ずっと入れっぱなしの状態でした。

夏だったので湿度も高く、その時は生地のキシキシとした傷み具合と、臭いでショックを隠しきれませんでした。

一晩、つまり21時くらいから朝の6時位までの9時間入れっぱなしにしていたわけです。

季節にもよりますが、9時間入れっぱなしは誰が考えてもアウトですよね。

では、ちょっとだけの時間ならどうでしょうか?

例えば、洗濯を回している間に、

  • ちょっとした用事を済ませに外に出たい
  • 買い物を済ませたい
  • 子供を迎えに行きたい

そうなると洗濯機の中に服が入りっぱなしになっている時間は、おおよそ1〜3時間程度でしょう。

洗濯物は洗濯が終わった瞬間に出して干してあげるのが一番です!

しかし、それができない時があるのも現実です。試しに洗濯をしたまま、干さずに放置する実験をしてみました。

  • 季節:夏
  • 状態:洗濯機で回したあとにそのまま触らず放置
時間 状態
1時間放置 蓋を開けた瞬間ムワッとするが、干してしまえばニオイは消えた。
2時間放置 生地がキシキシしている、ニオイも強いがカビの様子はない。
3時間放置 服が結構キシキシする、すすぎし直さないとニオイも取れなかった。

3時間以上放置すると、どうしても臭いやキシキシ感が出てしまうようですね。

なるべく計算して、すぐ取り出せる時間、もしくは最低でも1時間以内には干せる時間に洗濯をするようにしましょう

 

入れっぱなしにしてしまったときの対処法

洗濯物を入れっぱなしにして数時間経ってしまった場合、どうしたらいいのかまとめていきます。

 

匂いの落とし方

まずは洗濯してみる!

洗濯してみて、今度こそすぐに干してください。そこまでカビ菌が増えていなければ、なんとかなる可能性があります。

臭いもきれい落ちるでしょう。

しかし、菌の繁殖が進んでいると、柔軟剤や洗剤の臭いでごまかそうとしても、乾かした時に臭いニオイが蒸し返してしまうことも。

臭いが落ちずに、漂白剤を使える服の場合はこのような方法で臭い落としを試してください。

  • 40度以上のお湯に粉末タイプの漂白剤を溶かす
  • 1時間浸け置き漂白
  • よく濯いで脱水して干す

漂白剤の粉はお近くのスーパーにも取り扱っているでしょうし、服用で持っていると色々な場面で便利ですよ。


【送料無料】【正規取扱店】茂木和哉 サムライ 1kg 洗濯洗剤 空手 柔道着 作業着 野球 ユニフォーム スポーツ 洗濯用洗剤 漂白剤 消臭 除菌 漂白 血液 粉末 ワイシャツ 洗濯 抗菌 染み抜き シミ抜き 洋服 シミ取り 衣類 黄ばみ しみ抜き 衣類用 きれい研究所

漂白剤を使えるかは事前にタグをしっかり確認するようにしましょう。

漂白剤を使ってはいけないマークが付いていましたら、この工程はしないように気をつけてください。

 

カビができてしまった時

カビができてしまった時はどうすればいいのでしょうか。

カビにはいくつか種類があります。

  • 黒カビ
  • 色カビ

洗濯機に入れっぱなしにしてついてしまうのは、ごまを振ったような黒カビが多いです。

カビが付いてしまった場合、綺麗にできるのでしょうか。チェックしてみましょう。

衣服のカビはクリーニングで落ちる?シミ抜き方法や家でのケア方法

 

すぐに干せない時はどうしたらいい?

毎日忙しくて、なかなか洗濯をする時間がない、洗濯回したはいいけれど、干す時間がない。

そんな時は洗濯終わったあとで、この方法を試してみてください。

洗濯機を回したはいいが、干す時間がなくなってしまった場合。

  • 洗濯し終わったら、一度洗濯機から洗濯物を出しカゴに移します
  • かごに入れたらそのままにせず、空気がこもらないようにほぐしてください。
  • 出かける〜帰宅後、一つひとつ広げながら干すようにしましょう。

本当は部屋干しでもいいのでできると一番なのですが、どうしてもできないという時は、一度洗濯物を洗濯機から出すだけでも違いますよ。

アミカゴが湿気が溜まりにくいですよ。


ワイヤーバスケット 2段 スリム 洗濯かご ランドリーボックス 脱衣かご 北欧 西海岸 シンプル モダン 洗濯物入れ ランドリーラック ランドリーバスケット Twee〔ツウィー〕ホワイト ブラック|バスケット 洗濯カゴ ラック おしゃれ キャスター付き スチール

洗濯が終わるまで家にいられない場合

洗濯が終わるまで家にいられない時は、仕方ないのでタイマー(予約)をかけるか、もう洗濯しないほうがいいです。

結局長いこと洗濯機の中で放置してしまうと、もう一度洗濯をしなければいけなくなるから、結局無駄足です。

なかなか忙しいでしょうが、時間を見つけて洗濯してみてください。

 

まとめ

洗濯機に長時間入れっぱなしにしていると、服の生地も傷みますが、洗濯機にもカビが湧きやすくなり、他の選択のときにも影響してきます。

なるべく予約したり、洗濯できる時間を作ったりと、すぐに干せる環境を作ることが大切です。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です