パーティードレスについた泥汚れやシミを落とす方法は?家での対処法も

結婚式やドレスコードのあるパーティーにでかけたはいいけれど、今日は生憎の雨……靴にもスカートの裾にも泥がはねてしまった!

更に最悪なことに、車がスピード出して走ってきて、パーティードレス全体に水をかぶってしまい、もう最悪!せっかくきれいにしたのが台無しだ、なんて思ったことありませんか?

泥跳ね、泥汚れはシミを落とすのがかなり大変なんです!

  • 泥も固形がついているのか、ついていないのか
  • 汚れの範囲や度合

これらによって色々変わってきますが、どちらにしても言えることは「泥汚れは落ちにくい」ということです。

今回は泥はね・泥汚れをきれいにする方法をご紹介いたします。

泥はねを処理する時の注意事項

泥はねの落とし方をご紹介する前に、注意事項をご紹介いたします。

これは私が実際にクリーニング業者から言われたことを参考に、大切なことをまとめてみました。

泥汚れは、汚れの粒子が大きく、触れば触るほど生地の奥の方に入っていってしまいます。

安易に触ってしまうと、その後クリーニング業者に持っていっても、残念ながら泥が落としにくくなってしまうのです。

一番いいのはそのまま扱ったりせずに、クリーニング業者に持っていくことです。

泥はねは他のシミよりもかなり難しい汚れなのです。

よく考えてみれば白パンツについた泥汚れや、子どもの体操服についた泥はねのシミは家で洗濯しても取りにくいですよね?

 

しかし、どうしても自分で対処をしないといけない場合もあります。

その場合はクリーニング業者に言われた注意事項のことを頭に入れつつ、泥はねならではの対処法をまとめていきますので、お試しください。

 

その場でできる応急処置

泥汚れができて、そこがまだ湿っている時は触らないようにしましょう。

泥が乾いてから柔らかい布で優しく拭きます。

また、爪で弾き落とすのもいいでしょう。

ついてすぐなら水だけでも落とせることあります。下手に石鹸や洗剤をつけずに、水で泥を浮かす感じで洗ってみましょう。

 

☆POINT☆

ハンカチやティッシュで拭く時は、抑え過ぎたり、揉んだりしないようにしましょう。粒子がさらに奥に入り込んでしまいます。

また、近くにおしぼりがあると、ついおしぼりで拭いてしまう方がいますが、これはドレスの生地を痛める可能性がある上に、泥汚れは落ちませんのでやめておきましょう!

 

家で洗濯できるのか

まずは洗濯タグを見てみましょう。

そこに家で洗濯可能のマークがついていれば、これからご案内する応急処置もできます。

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できますが、クリーニングに出さないといけないものを洗濯や処置しようとすると自己責任になりますので、注意しておきましょう。

このマークがある時は、家での洗濯は避けましょう。

 

泥がついた時の落とし方

用意するもの

  • 乾いた布
  • 洗剤
  • 歯ブラシ(綿棒)

汚れているところを強く押さえると、繊維の奥に粒子が入っていきますので逆効果です。

この時、絶対に強くこすらないことと、慌てないことが大切です。

大体の泥が落ち、その場所にシミができていたら、布の下に乾いた布を置きます、使うものは歯ブラシです。

歯ブラシに洗剤をつけて、上から叩きながら泥粒を下の生地に落とすようにします。

生地で柔らかい素材のものの場合は、綿棒を使っても良いかも!

 

  1. 下の乾いた布に汚れを移していきますので、タオルを下に当てて、洗剤をつけた歯ブラシでトントンしていきましょう。
  2. 泥が目立たなくなるまで落として下さい。
  3. その後洗面器などに水をため、少しずつゆすぎます。

 

コツ:周囲に輪のように広がったシミが残りますので、その部分も根気よく落としていきましょう。

 

その過程で、落ちないと感じたら、その時点で手を止めることをおすすめいたします。

先程も書きましたが、粒子が生地の繊維の奥底に入り込んでしまっている可能性が高いからです。

また、漂白剤では泥汚れのシミは落ちません!!

シミ落としといえば安くてこんなのもありますよ。


《5ml》諦めていたシミが落ちる!染み抜き剤・スポッとるお試しサイズ 販売数20万個突破!楽天ランキング1位!

▶シミを抜くならココから探す◀

 

応急処置に失敗したら・・・

失敗は誰にでもあるとはよく言うけれども、そのパーティードレスが大切なものだと、ちょっと失敗しちゃった〜、ではすみませんよね。

失敗したと思ったらとりあえず、早めに信頼のおけるクリーニング業者に持っていきましょう。

染み抜き専門のクリーニングもありますよ。

今一度注意事項をまとめますと、ドロ汚れがついたパティードレスを洗濯してしまうと、汚れの粒子がドレスの繊維の奥底まで入り込み、クリーニング業者でも取れなくなってしまいます。

大切なパーティードレス、高級なものは必ずシミ落としに特化したクリーニング業者に持っていきましょう。

 

まとめ

墨汁と泥はねが今までの中で一番落ちにくいシミです。

しかもパーティードレス……家で洗濯できるものでしたらいいですが、そうでなければクリーニング業者に持っていったほうが、結果的にドレスもだめになりませんし、シミの粒子が深く入り込んでしまうこともありません。

家で洗濯してみる!という方は、家にあるもので簡単にできますので、この方法をチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です