ジーンズの色落ちを防ぐならクリーニングに出すべき?洗濯機との違いは?

お気に入りのデニムジーンスを購入しても、縮んでしまったり、色が変わってしまうとショックですよね。

家で洗濯するとすぐに色落ちしてしまいます。

やはり、色落ちしないためにはクリーニングに出したほうがいいのかなと思いませんか?

では実際にクリーニングに出した場合、縮みや色落ちはどうなるのでしょうか。

せっかく気に入って買ったジーパンなら、購入当時のまま長く着たいですよね。

どうするのが一番いいのか、あなたの悩みにビシッとお答えします!

実際にクリーニングに出した人の声もまとめています。

クリーニングに出したら色落ちする?

クリーニングに出したら色落ちするのかどうかですが、結論、家で洗濯するよりも色落ちせずにきれいになります。

しかし、業者によっては色落ちしてしまったり、大きく縮んでしまったりと問題が多いのも事実です。

色落ちしなようにとクリーニングに出したのに、それでは意味がないですよね。

実はクリーニングは業者選びで全てが決まります。

業者によって色落ちや縮みをしっかり見てくれるところ、逆に気にせずなんとなくで返すところと様々です。

 

例えば、安いところに持っていくと色落ちしてしまったまま返却されることもあります。

大切なジーパンであればどこの業者にクリーニングを依頼するかしっかりと見定めなければなりません。

私個人的におすすめなのはワカナクリーニングという業者ですが、その前にそもそもなぜ色落ちするのか、一般的なクリーニング業者に依頼するとどうなるのか知っておいたほうが良いでしょう。

まずは実際にジーパンをクリーニング業者に出したという方の声を聞いてみましょう。

 

実際にクリーニングに出した体験談まとめ

では、実際にクリーニングにジーパンを出したという方の体験談を紹介します

最近ジーパンをクリーニングに出しました。

ジーパンにはドライのタグが付いているので、おそらくドライクリーニングをしたんだと思います。
すると、そのジーパンからカビ臭い匂いがするようになりました。

極端に安いところにクリーニングを依頼してしまうと、戻ってきたジーパンの臭いが変わってしまうことがあります。

クリーニングに出す服は基本あなたにとって大切なもの。それをただ受け取って返すようなクリーニング業者に任せないようにしましょう。

クリーニング業者にも色々ありますが、きちんとカウンセリングして、服の状態をしっかりと確認してくれる店に依頼するべきです。

 

絶対に色落ちしてほしくないジーパンがあります。クリーニングに出すべきでしょうか?

家で洗うのと同じなら、家で処理したいと思っています。

家で洗うのとクリーニングでは色落ちの度合いが全然違います。

「色落ちさせたくない」という胸はしっかりと伝えておきましょう。

また、色落ちというのはただ色が薄くなった、変わったということではありません。

 

こんな体験談もありました。

ジーパンのお尻付近が、汗をかいたせいで青くにじんで色落ちしてしまいました。

この場合、クリーニングに出してもとに戻りますか?

汗で色が滲んでしまった、日焼けで色が薄くなった、家で洗濯したら色落ちしてしまった。

色落ちに関しては悩みが着きないですよね。

色落ちはクリーニングでもとに戻るのか、答えは依頼したクリーニング業者によります

また、一部色落ちなのか、全体的に色落ちしているのかでも状況が変わってきます。

 

そもそもなぜ色落ちするのか

クリーニング業者に依頼する前に知っておいていただきたいのは、そもそもなぜ色落ちするのかということです。

色の三原色というのをご存知でしょうか?

簡単に赤・青・黄色と図には書いてありますが、正式に言うとマゼンタシアンイエローの3色です。

すべての色は、3つの色を足したり調節して出来上がります。

そこに、ジーパンの色が落ちやすい理由があるんです。

 

例えば、皆さん髪を染めたことありますか?

オシャレな方だと、アッシュ(青系)を入れ明るくなりすぎるのを抑えたり、グリーンを入れたりしています。

しかし、そのヘアカラーもしばらくすると色が抜けて赤っぽくなったり、金髪っぽい色に変わってきます。

実はこのヘアカラーとジーンズの色落ちの原理は似ているのです。

この2つの共通点は、どちらも青色けていくことにあります。色は青・赤・黄の中で青が一番色素が落ちやすいという特性を持っています。

青色を入れたヘアカラーも青色から落ち赤や黄色っぽく。ジーンズも青色が落ち、色が薄くなったように感じるのです。

 

良いクリーニング業者は洗った時に色落ちしたとしても、修復して返してくれます。

そういうクリーニング業者はクリーニングを受ける際にしっかり寸法を測ったり、色を見てくれます。

信頼できるクリーニング業者は、そういう店の人とのやり取りで、あなた自身肌で感じられるものなのです。

 

ジーパンをクリーニングに出すならココ!

クリーニング業者を選ぶ際、まずはコチラのポイントをクリアしているのかチェックしてみてください。

  • しっかり話を聞いてくれるところ
  • 色落ちに関して相談してOKを出してくれたところ
  • 出した時に服の状態を確認してくれるところ
  • 色を見てくれるところ
  • 安さを売りにしていないところ

 

これらをクリアしたクリーニング業者がご自宅の近くにあるのなら、そちらにお願いしてみましょう。

もしご自宅の近くに良いクリーニング業者がなかったり、どこに依頼していいかわからない時は、先程私が紹介したワカナクリーニングに相談してみてください。

シミなら何でもおまかせ!という80年も続いているクリーニングの老舗です。

しっかりとコチラの話を聞いてくれて、できること、できないことははっきり教えてもらえますし、要望を毎回叶えてくれます。

色々回ってみましたが、私が信頼して大切な服を任せられると思えたのがワカナクリーニングさんでした。

シミに関してはクリーニング業者の中でも最後の砦的存在で、ここで落ちなければもうどこでもそのシミは落とせないとまで評価されています。

試しに一度相談してみるのもいいですね。

まとめ

色落ちしたくないジーパンは家で洗濯するよりもクリーニングに持っていくほうがいいですが、クリーニング業者によっては問題が起きることもあります。

しっかりクリーニング業者を選ぶことが、あなたのジーパンを守りますし、「安物買いの銭失い」にならないように注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です