パーティードレス脇の汗ジミはクリーニングで落ちる?おすすめの店紹介

パーティーにお呼ばれした時にドレスを着ておしゃれしますよね。

熱くなってくるとどうしても汗がにじみ出てしまうもんです。

家に帰ると、脇のところが汗じみで色が変わっていたり、縁ができていたりしてしまうことも。

クリーニングに出したけど、きれいにならずに戻ってきたという経験があるあなた。

大切なパーティードレスの染みをきれいに落として元通りにしたいと思いませんか?

汗でなぜ染みができるのか

そもそも、なぜ汗をかいただけで染みができてしまうのでしょうか?

汗はほとんどが水ですが、それ以外にもいろいろな成分が含まれているのです。

汗とは

エクリン腺から出る汗の99%は水分で、それ以外の成分は塩分がほとんどです。 汗をなめると塩味がし、たくさん汗をかいたあと、服に白い跡が残るのはそのためです。

その他にも、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、重炭酸イオンなどのミネラルや電解質、さらに乳酸、尿素などの老廃物も、ほんのわずかですが含まれています。

汗には色々な成分が含まれているからこそ、クリーニングでもきれいに落としにくい染みと言われています。

染みも気になりますが、汗をかくと汗の匂いが気になりますよね?

匂いに関していうと、汗はほとんど無臭なんです。

あんなに臭いのに、無臭なんて信じられるか!そういいたいのもわかります。

私は無臭といいましたが、なぜ汗臭くなるのか、その原因は細菌にあるのです。

汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混じり合ったところで、これを細菌が分解することでニオイ物質が発生し、それが臭くなるのです。

ということは、汗のシミも細菌がついているということに!

ただの汗と思いきや、意外と取れない染みの原因は、皮脂や細菌にあったのですね。

汗がただの水分であるなら、そんなにシミが残るということはなかったでしょう。

しかし、塩分や皮脂汚れ、他にも様々な要因があり染みができ、臭いを発するのです。

家で洗濯しても、色落ちしたり、生地が傷んでしまったり……パーティードレスならクリーニングに出すことが無難です。

 

クリーニングで汗ジミは取れるの?

クリーニングに出すと染みが落ちずに帰ってきたことはありませんか?

「シミが落ちませんでした」というタグを付けられて返されたときの脱力感は忘れられません。

「なぜお金を払って、わざわざ足を運んだにもかかわらず、落としたいシミが落ちないのか……」

汗ジミのできる原因は先ほど記載したとおりです。

水性の汚れだけでなく油性の汚れも混じっているので厄介者な汗ジミ……しかも染みの縁あたりに溜まっているのは塩分ときたもんです。

ドレスの生地によっては落ちにくいところ、落ちやすいところと色々ですが、気をつけておきたいのはコットンが入っているパーティードレス。

コットンに、汗、糖分等の水性汚れがついた場合、放置しておくと、生地にカビが発生してしまいます。

更に生地はもろくなり、破れやすくなりますし、時間が経った物は、修正不可能となる事もあるので気をつけて下さい。

クリーニングに持っていくときは、「しみ抜き専用」のクリーニング業者がおすすめです。

家の近くのクリーニング業者に持って行くときは、そこがしみ抜きに特化しているかを確認してください。

また、家の近くにそういったクリーニング業者がない場合は、ここのクリーニング業者に依頼するのがおすすめです!

 

おすすめのクリーニング業者

ワカナクリーニング

創業が昭和9年からという長い歴史とこだわりがある老舗のクリーニング業者です。

大手のクリーニング業者が断ってしまうお客様の悩みを解決する最後の砦と呼ばれているクリーニング屋。

あなたの大切な衣服を任せるならワカナクリーニングに任せるのが一番の選択だと思います。

 

また、これからクリーニングに出すというあなたに必ず心得ておいただきたいことがあります。

それは、クリーニングに出すときはなにもせず、そのまま持っていくということ。

業界人から言わせると、家で取り扱ってはいけないものをネットで調べたり、自身の知識で対処してしまったがゆえに、クリーニングに出してもシミが落ちなかったり、なお料金が発生してしまうこともあります。

ここだけはクリーニングに出す前の心得として抑えておきましょう。

 

汗染みを目立たせない方法は?

染みはついてしまうものですが、どうにかしてシミがつかないようにしたい。

そういう時は事前の予防もすることができます。

使った後はクリーニングに出すことでパーティードレスの寿命を伸ばしますが、その際にしみ抜きの別途料金を払わなくていいようにしましょう。

まとめ

一言でパーティードレスといっても、様々な種類の生地があります。

家でシミを抜こうとすると、どうしても色落ちしたり、生地が傷んだりして寿命を縮めてしまいます。

クリーニングに出すにしても、どこのクリーニング業者が良いのかはしっかり預ける側として選ばなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です