浴衣にファンデーションや日焼け止めの染みがついたら?落とし方も紹介

夏といえばイベント、イベントといえばお祭り、お祭りと言えば浴衣!

浴衣を着る機会が多くなる夏ですが、着ている時に誤ってファンデーションや日焼け止めが浴衣についてベトベトするってことありませんか?

洗濯機にかけても、取れてないことがある汚れとしても良くファンデーションの汚れはあげられます。

今回はそんな汚れで困っている方に役立つ、汚れの落とし方をご紹介していきます。

また、手入れがめんどくさい!という方は一式のレンタルも安くあるので活用するといいですよ。


【レンタル】 白色 金魚 朝顔柄 浴衣/レンタル ゆかた レンタル/浴衣 フルセット レンタル 帯/浴衣〔女性用〕浴衣/女性物/ゆかた【往復送料無料】 y046 〔yukata〕古典 浴衣 女性/浴衣 レディース/下駄 セット/夏/盆踊り/夏祭り/浴衣/花火大会/七夕祭り

▶かわいい浴衣をチェック◀

 

汚れの種類:ファンデーション編

 

汚れの種類は、大きく分けて3種類ございます。

  • 油性
  • 水性
  • 水性&油性

 

それ以外にも、実は落とせない汚れとして、インク・泥はねなどもありますが、今回のファンデーションや日焼け止めはこの中でいうと油性の汚れになります

女性の方には落ちにくい口紅とかもありますので、そういうものを使うと、衣服に付くことも少ないないのではないでしょうか?


パピリオ【ミセルテ】(手腕用ファンデーション)【17g】手のフィルムファンデーション/水に強く服に色がつかない/手のシミ隠しに/紫外線対策/ポイント/手の日焼け止め/腕の日焼け防止(SPF28/PA+++)/UVカット/日焼け止め/UVカット/日焼け止めファンデーション/ミセルテ

日焼け止めはスプレータイプも便利ですね!ベタつきも少ないですし。


白肌小町 日焼け止め SPF50+ PA+++ 60g

今回はファンデーションや日焼け止めの汚れということで、油性の汚れの落とし方をご紹介してまいります。

まずはその浴衣が洗濯できるものなのかどうか飲み分け方をご紹介いたしますので、一度ご自身の浴衣を御覧くださいませ。

 

家での洗濯できる浴衣の見分け方

まずは洗濯タグを見てみましょう。

そこに家で洗濯可能のマークがついていれば、これからご案内する応急処置もすることができます。

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できますが、クリーニングに出さないといけないものの洗濯や処置は、できないことはないですが自己責任になりますので、注意しておきましょう。

浴衣の多くはポリエステルですので、家で洗うことが可能です。

 

応急処置やNGの処置は?

応急処置と言いますが、道具がないうちは触らないほうが良いです。

なぜなら、油汚れなので水で濡らすだけでも、後にキレイに落ちなくなってしまうからです。どっぷり付いてしまっているのなら、上からティッシュでそっと押さえるくらいにしておきましょう。

 

もちろん、こすりつけたり、おしぼりで拭くのも避けてください。

私はついてしまったらなにもせずにクリーニングに出すことが一番と思っていますが、現実どうしても今落としておかないといけない!という状況もあります。

 

ここから書きます落とし方は、自己責任になりますので、それでも大丈夫という方のみお試しください。

 

ファンデーションの落とし方

油性のシミといったら、ファンデーションの他に食事の脂や皮脂などです。

使うもの別に落とし方を紹介いたします。

 

固形石鹸か中性洗剤を使った落とし方

  • ガーゼ(無い時はハンカチなどで対応してください)
  • 中性洗剤か石鹸

①固形石鹸か中性洗剤をガーゼに含ませ、軽く叩いて汚れを溶かしましょう。

※浴衣はストレスを与えるほど毛玉ができます。毛玉を作らないためにも、過度にゴシゴシしないようにしましょう。

②シミの上から中性洗剤を含んだガーゼをトントンと優しく叩いて、汚れを溶かした後、洗濯をします。

濡らしたところが薄いシミになって広がったり、色が変わる可能性がありますので、注意してください。

※洗濯できない浴衣の場合は、石鹸や洗剤が残らないようにその部分だけ水を含んだタオルで叩いていきましょう。

 

クレンジングオイルを使った落とし方

クレンジングオイルを使ったシミ抜きは、衣類が乾いている状態で行います。オイルですので濡れていると水がオイルを弾きシミ抜きがうまくいきません。

  • クレンジングオイル
  • 乾いたタオル
  • 綿棒

 

①シミ部分の裏側にはタオルをあてて、クレンジングオイルを綿棒に付けます。

②綿棒で、シミの外側から内側に向かってクレンジングオイルを塗っていきます。この時に決して擦らないように気をつけてください。

③またシミ全体が隠れるように広めに塗ると、色素が広がるのを防げます。生地を軽くポンポンと叩くようにしながら、オイルを生地に馴染ませましょう

④シミが浮き上がったら、ぬるま湯36℃くらいのお湯をシミ部分に少しかけて、軽く揉みます。オイルが白く乳化したら、お湯でシミの箇所を濯ぎます。

⑤食器用洗剤をシミの箇所に少量垂らし、もう一度綿棒で叩くように汚れを落としていきます。ぬるま湯もしくは水で濯いだら、雑巾絞りをしないようにしましょう。
※私は乾いたタオルでしばらく挟んで乾かします。

 

口コミで人気の石鹸を使う

中々落ちないファンデーションの汚れでしたら「ウタマロ」石鹸良いですよ。

緑色の石鹸で、口コミで広がったものなんですが、本当にこれで洗うとよく落ちます。


ウタマロ 洗濯石けん 133g【gs】【stamp_cp】【stamp_003】

①浴衣を濡らして、石鹸を直接汚れ部分に塗り込みます。

②浸けおきを5分くらいしてから、石鹸が残らないようにキレイに洗い流すと落ちてます。

③その後は普通に洗濯をしてください。

 

その処理でファンデーションの染みは落ちます。タグを見て家で洗濯か、クリーニングに出すか選択しましょう。

今は安い浴衣もありますので、毎シーズン買い換えるのも手ですね。


【6時間限定送料無料】浴衣 レトロ セット 平帯 選べる 選べる20柄「なでしこ」ときめき★恋浴衣3点セット朝顔 浴衣 レディース 浴衣 レトロ 紺 白 モダン 可愛い 【5月初旬より順次発送】

▶かわいい浴衣をチェック◀

まとめ

この方法でファンデーションはほとんど取ることができます。

しかし、もしこれでも落ちず見た目が目立つようでしたら、クリーニング業者に持っていくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です