スーツについた赤ワインの染み抜き方法は?してはいけない応急処置も

会社のおつきあいや、帰り道の飲み会。

スーツのままで行って汚れがついてしまったことってあるのではないでしょうか?

とくに嫌な汚れが、油汚れと赤ワインのシミ。

色がダークの物だと、なかなか染みが見えにくいかもしれませんが、遠くから見ると確実に目立っているということもしばしば。

スーツはお手入れが大変ですし、仕事できる方は良くクリーニングに出しますよね。

今回は、絶対にしてはいけない処置方法!を中心に皆さんのお役立ちネタを書いていきます。

 

スーツが付いた時、その場でどう対処したら良いかも合わせてご紹介いたします。

家での洗濯できるかの見分け方

まずは洗濯タグを見てみましょう。そこに家で洗濯可能のマークがついていれば、これからご案内する応急処置もすることができます。

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できますが、クリーニングに出さないといけないものを洗濯や処置しようとすると自己責任になりますので、注意しておきましょう。

殆どのスーツはクリーニング行きになっちゃいますが……しかし、クリーニングに出す際にも、これだけは気をつけてください!

 

注意!慌ててもしてはいけない対処法

まず考えておかなければならないのが、「ワインのシミ抜きは簡単ではない」ということです。

時間が経ってしまうとどんどん参加が進むので、迅速な対応も必要です。

しかし家で汚して染まったなら着替えることができますが、出先で汚してしまった場合、さっとやってしまいそうになるのが、「オシボリでとっさに拭く」という行為。

周りからオシボリを出されたら、つい受け取って拭いてしまいますよね。

実はこれ、そのクリーニング業者に行っても「それはNG」と言われる対処法なんです。

つい目の前にあったり、皆から拭いてと差し出されちゃうと使っちゃうます。

 

では、なぜオシボリを使ってはいけないのか。

それはオシボリについている塩素系漂白剤成分が原因です。

(正確に言うと、お絞りに残っている塩素系漂白剤成分)

これはワインのシミをより強固なものにしてしまい、後ほど クリーニングに持っていったときも渋い顔をされてしまします。

 

出先なので、脱いでそのまま洗濯!というわけにもいきません。

ワインがどっぷり付いてしまっているのなら、上からティッシュでそっと押さえるくらいにしておきましょう。

 

もちろん、こすりつけるの禁止

 

私はついてしまったらなにもせずにクリーニングに出すことが一番と思っていますが、自分で落としておかないといけない!という状況もあります。

 

その場でできるスーツシミの対処法!

ふとした瞬間にスーツをこぼしてしまった!

そんな時、その場でどう対処したらいいのでしょうか。

スーツによっては撥水加工されているものもあります。

その場合は『擦らずにひたすらトントン』とワインを落としましょう。

スーツをこぼしてしまって、すぐにシミを取りたい、どうにかこっそりと対処できないか、そういう方におすすめの方法をご紹介いたします。

使うのはアルコール。

アルコールを染み込ませて優しくトントンしてみましょう。

とにかくその場でできますし、ワインだと酸化して取りにくくなってしまうので、初期の対応が大切です。

それで気にならなくなればいいですが、それでも気になるものは、タグを見て家での洗濯、クリーニング業者ヘ持ち込みを洗濯してください。

赤ワインの染みは、時間が立つとまた出てくる恐れがありますので、大切なものはしっかりクリーニングか、染みの度合いによっては買い替えをおすすめします。


スーツ メンズ 2ツボタン ビジネススーツ スタイリッシュスーツ 春夏物 パンツウォッシャブル機能 プリーツ加工 suit 【送料無料】

▶自分に合ったスーツをチェック◀

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スーツに限らずワインのシミって本当に厄介ですよね。

 

繊細な服なので、下手に濡らさないほうが得策ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です